おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リゾナーレ熱海へ 〜実は初めて「踊り子号」に乗る〜

b0320746_11255053.jpg

東京駅の駅弁屋「祭」で買ったお弁当。アンパンマン姿の水筒つき。




b0320746_11255192.jpg

自由席だったので出発30分前にホームへ行ったけれど、ガラガラでした。




b0320746_11254904.jpg

熱海駅で連結部分を離して、下田と修善寺方面に別れるようです。



b0320746_11254818.jpg

駅前で足湯に入る。かなりポカポカに。




b0320746_11254673.jpg

リゾナーレ熱海の無料シャトルバス。最初の14時の便に乗り、ホテル満喫を意気込む。








家族が4人になって、初めてのお泊まり旅行。
ホテル好きの長女は観光しようとしても
すぐホテルに帰りたがるので
じゃあホテル自体を満喫できるところにしよう!ということで
リゾナーレ 熱海」を予約。
ここはなかなか空きがないですね〜。

のんびり行こうということで
飛行機よりも不慣れなJRで行くことに。
もう切符を買うところからよくわかっていない。

まずは「踊り子号」のレトロさに驚愕。
子供たちの写真を撮っても、
自分が幼少の頃の写真を見ているかのように写る。
まさに踊り子マジック。

そして自由席だから早々とホームに並んだけど
お年寄りが数名いるだけで
乗車後も乗客が少ないため、
開放感あふれる車両。
広々と席を使わせてもらいました。




ユニコーンの「開店休業」を
頭のなかでぐるぐるまわしながら
初上陸の熱海。

アーバンな駅ビル前に足湯、
老後の住まいを誘うような不動産広告に
鹿児島の天文館をちょっと思い出すようなアーケード。

経験した温泉街のなかでも
熱海はかなり賑わっているほうだな
という印象でした。

宿泊場所が駅周辺ならこの辺も観光したけれど
リゾナーレ熱海は山の上。
ホテルひきこもりプラン。

もう子連ればっかりのシャトルバスに乗って






★「たびねす」で旅行記事を書かせていただいております。
  http://guide.travel.co.jp/navigtr/375/  




★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

      にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

[PR]
by swallow-k | 2017-09-22 12:05 | 静岡 | Comments(0)