おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0320746_16481067.jpg
北海道のお赤飯は「甘納豆」で作るって知ってますか?
餅米に食紅で色をつけて炊き、炊きあがったら甘納豆をまぶして蒸らす。
最後にごま塩をふって食べるのです。
甘納豆でほんのり甘みがついたおこわと、ごま塩のしょっぱさの相反するハーモニー。
誕生日、運動会などのイベントに度々登場する甘いお赤飯、私は(小さい頃から食べ慣れているせいか)好きです。

先日、この北海道のお赤飯を食べたことがないというダンナさんの家族に食べてもらいました。
この日に作ったものは食紅を入れすぎて、蛍光色に近いピンクに・・・
b0320746_16590202.jpg
まっピンク!
旅好きで好奇心旺盛のみんなは、この食欲の出ない色の食べ物に果敢にも挑んでくれました。
しかも気に入ってくれたようで「おいしい!」と言いながらペロリと完食。
食卓ではもはや赤飯とは呼ばれず、「ピンクごはん」と呼ばれていました。
「マレーシアでこんな色の餅、買ってきてホテルで食べたね〜」などと会話しながら、ぱくぱく食べてくれました。

北海道のスーパーのお惣菜コーナーなどでも売ってるので、興味のある方は旅行に行った際に探してみて下さい。
ネットでレシピをアップしている方もたくさんいらっしゃるので、勇気ある方は作ることも可能です〜v( ̄∇ ̄)ニヤッ
かなり簡単に作れますよ♪

これは炊飯器で炊いたのですが、母は蒸し器で作ってました。
その際の着色は、生のもち米を水に浸ける段階で食紅を入れて色をつけていた記憶があります。







→旅するツバメ、ランキングに参加しております
楽しんでいただけたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪





[PR]
by swallow-k | 2015-02-20 17:34 | 北海道 | Comments(0)

イチゴ狩り

b0320746_06431795.jpg
千葉の緑区にある横田ファーム(チャイルドの庭)さんへイチゴ狩りに行きました。


b0320746_06432905.jpg
今はフラットな畑ではなく、プランターの棚からイチゴを摘むのですね。
摘みやすいし、靴が汚れないからこれはいい♪


b0320746_06434119.jpg
イチゴのピザ。
ソースの代わりにジャムを塗り、チーズをのせて焼いたあと、フレッシュなイチゴをのせるというピザ。
チーズの塩っけとイチゴの甘さが結構くせになります。


b0320746_06434615.jpg
スタンダードなピザ。
ピザ生地にソースを塗るところから具材をトッピングするところまでを自分でやるので、お料理教室のミニ版気分で子供も楽しめます。


b0320746_06582698.jpg
焼いてくれているおじさまに「お母様の仕込みがいいのね、段取りがいいわ」と魔女の宅急便のセリフを投げかけたくなるような石釜。
あっという間に焼けました!
(パーティーには遅刻しないくらいの早さです)


2歳から料金かかるのですが、娘は3粒程度しか食べなかった(泣)
仕方ないから、娘のコンデンスミルクも全部使い果たすまでがんばって食べました。
ピザがほとんど進まないくらいになるまで食べ、その後はトイレが近い近い(笑)


子供が靴を脱いで遊べるスペースなどもありました。
ビタミンをチャージしに行ってみて下さい♪




★横田ファーム http://child-niwa.jimdo.com




→旅するツバメ、ランキングに参加しております
楽しんでいただけたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪













[PR]
by swallow-k | 2015-02-17 15:34 | 千葉 | Comments(0)
b0320746_06341291.jpg
今話題となっているジュースクレンズ。
雑誌で詳しい内容を読み、すごく興味を持ちました。
ジュースクレンズで使うジュースは野菜やフルーツをコールドプレス(低速圧縮)という特別な方法で作るもの。
栄養やビタミンを損なわず、繊維を含まないジュースができるので消化に負担がかからないというのです。

つまりこのジュースクレンズ、家にあるジューサーやミキサーで作るジュースじゃだめなんですね。

人が1日に使うエネルギーの約40%が消化と吸収に使われているので、コールドプレスジュースを食事代わりに飲めば胃腸が休まる。
胃腸が休まれば、そこに使わなかったエネルギーが他の臓器の働きに回る。
よって、肝臓や腎臓が活性化し、デトックスに繋がるとのことなのです。

ここ半年くらい胃の調子に悩まされているので、これはぜひやってみたい!


b0320746_06472737.jpg
このジュースが売っているところを調べてみると、まだ数店舗くらいしかないらしく、
だいたいが代官山や恵比寿エリア。
先日六本木ヒルズに行ったら、みつけました!
ELLE cafeにありました。
1本300mlで900円前後。
そして消費期限は当日中。

理想的なプログラムは1日6本くらいを食事代わりに飲んで、それを数日続けるようなんですが・・・コストもジュースを買いにくるのも結構大変ですね〜。
コールドプレスジュースを販売している会社によっては配送してくれるところもあるようですが、ここは店舗での受取りのみでした。


b0320746_06341527.jpg
今回はベリー系の赤いジュースを飲んでみました。
アサイーやにんじんが入っているジュース。
普通に飲みやすかったです。

お昼ごはんの代わりに1本飲んだのですが、横で食べている娘のラーメンがおいしそうで仕方なかった!
ひとくちちょうだい!という言葉をぐっとこらえました。

ジュースクレンズ、暴飲暴食が続いた旅行の後なんかにはいいかもしれません。







→旅するツバメ、ランキングに参加しております
楽しんでいただけたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪












[PR]
by swallow-k | 2015-02-13 15:34 | 日常 | Comments(0)

b0320746_06514916.jpg
昼食はハンバーガー&フィレオフィッシュバーガー。
香港料理が続いていたので、ちょっとジャンクフードが食べたくなりました。
東京のディズニーだとこういった食事を買うのも、食べる席を取るのも混雑していて大変。
香港ディズニーは席を選び放題。
小鳥がテーブルで食べかすを探しているくらい人がいませんでした。
人ゴミが苦手な私には、なんとも居心地がいいテーマパークです。


b0320746_06514142.jpg
この「ミスティック・マナー」もダンナさんと交代でシングル乗車しました。
香港のあるご家族と相乗りさせていただきました(笑)
日本でいう「ホーンテッドマンション」的な存在ですが、もっとスリルがある内容です。
詳しくはたびねすで紹介させていただいておりますので、興味のある方は読んでみて下さい♪



b0320746_06502984.jpg
トイストーリーのエリア。
自分がおもちゃサイズになっている設定なので、写真を撮る楽しみがあるエリアです。



b0320746_06504786.jpg
夕飯はジャパニーズスタイルで。
娘は日本食がやっぱり恋しいのか、おそばを無言で口にどんどん運んでました。

閉園はなんと20時。
早いですね〜。
花火もしっかり見てホテルへ戻り、パッキング。
帰国の準備はいつも寂しいですね。





★たびねすで香港ディズニーランド・リゾートについて書いております。
【日本未上陸アトラクションを乗りつくせ!香港ディズニーランド】
【朝からカワイイ連発!「香港ディズニーランド・ホテル」】



→旅するツバメ、ランキングに参加しております
楽しんでいただけたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪















[PR]
by swallow-k | 2015-02-12 16:10 | Hong Kong | Comments(0)
b0320746_16254156.jpg
さて10:00になり、香港ディズニーランド開園。
東京でいう「ワールドバザール」部分。
屋根がなく、古き良きアメリカの街並のようでした。


b0320746_16254534.jpg
お城はシンデレラ城ではなく「眠れる森の美女」のお城。
やや低めです。


b0320746_16260595.jpg
たびねすでも紹介させていただいたのですが、「ライオンキング」のショーが見応え大ありでした。
30分のショーなのですが、2回見ました。
2歳の娘も黙るパフォーマンスの高さです。


b0320746_16261266.jpg
平日は空いているからどんどんアトラクションに乗れちゃう!
このパンチの効いた「ビッグ・グリズリー・・・」というコースターも5分くらい並んだら乗れちゃいました。
ダンナさんと娘を交代で見て1人ずつ乗ったんですが・・・香港ディズニー、他のシングル乗車の方と相席にするんですね(笑)
この度は年パスホテルダーと思われる(じゃなきゃ、1人で来ないよね?)メガネ香港女子と一緒に乗りましたよ。
お隣が他人様でもこういう時は一応盛り上げないとと思い、
両手を上げてにこやかに乗ってみました。
しかし、彼女は無言で微動だにせず荷物を抱いて座っているだけでした。
余計な気遣いだったようです。


b0320746_16260724.jpg
香港ディズニーで貸し出ししているベビーカー。
「寝かせるには大変」口コミで読んだので、自前のベビーカーを持って行きました。
確かにぜんぜんリクライニングが効かない様子。
香港中心部では人が多いし、エレベーターを見つけるのも大変なのでベビーカーは1回も使わいませんでした。
でもディズニーのためだけでも持ってきて正解。
このレンタルベビーカーじゃちょっと厳しかったかもしれません。








★たびねすで香港ディズニーランド・リゾートについて書いております。
【日本未上陸アトラクションを乗りつくせ!香港ディズニーランド】
【朝からカワイイ連発!「香港ディズニーランド・ホテル」】



→旅するツバメ、ランキングに参加しております
楽しんでいただけたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪














[PR]
by swallow-k | 2015-02-09 16:10 | Hong Kong | Comments(0)

b0320746_15413943.jpg
香港ディズニーランド・ホテルのキャラクターズ・ダイニングは、レストラン「エンチャンテッド・ガーデン」という西洋風のガーデンでいただきます。


b0320746_15343031.jpg
メニューはかなり潤ってます。
定番のパン類・卵・ソーセージなどから、カレー系のインド料理、飲茶もあり。
香港ディズニーの開園は、なんと遅めの10:00!
日本では考えられない時間ですね。
おかげでのんびり朝食を食べることができました。


そしてそして、ミッキー登場!
朝から爽やかな足取りでした。
平日でゲストが少なかったのか、何度も私たちのテーブルに来てくれました。


b0320746_15412104.jpg
ディズニーだけどなんか色気を感じるデイジー。
朝からパーポーのアイシャドウでばっちりキメて登場。


ホテルでは香港、中国大陸側、欧米からのゲストを見かけましたが、日本人は見かけませんでした。

香港ディズニーが出来た当初、マナーの問題についてよくテレビで話題になってましたね。
ホテルの朝食にジャージ系を着てくる方もいましたが、実際には「お、いたいた」くらいで、すごく不快ってこともなかったです。
たぶんこれが集団になると居心地が悪くなるのかな?
撮った写真全部にジャージが写り込んでて、メルヘン感が失われてる〜!みたいに(笑)





★たびねすで香港ディズニーランド・リゾートについて書いております。
【日本未上陸アトラクションを乗りつくせ!香港ディズニーランド】
【朝からカワイイ連発!「香港ディズニーランド・ホテル」】



→旅するツバメ、ランキングに参加しております
楽しんでいただけたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪



余談ですが、「九龍」を「カオルーン」「クーロン」ってだいたい皆さん呼ぶと思うのですが、NHKのニュースでは「きゅうりゅう」って読むみたいですね















[PR]
by swallow-k | 2015-02-04 15:37 | Hong Kong | Comments(0)


b0320746_07081881.jpg
お部屋は一番安いスタンダードなお部屋ですが広いですよ〜。
ドアを開けると、まずスーツケースやベビーカーを置けるくらいのスペースが。
クローゼットには2歳の娘にもサイズぴったりなバスローブとスリッパまでありました。
もうこのバスローブとスリッパがすごく嬉しかったみたいで、終始ニヤニヤ。
バスローブを道着と勘違いしており、ハロウィンの仮装で道着を着ていた英語の先生を思い出したようで「せんせいといっしょ」と連呼してました。


b0320746_07080774.jpg
キングサイズのベッドが2つ。
ベッドにはティンカーベルのプレートが付いてました。


b0320746_07082465.jpg
バスルームは7人の小人のアメニティが。
ここも広くて、ドレッサーのようなスペースもありました。

この日は18時頃ホテルに着いて、寝るまでホテルでゆっくり。
娘が「おにぎり食べたい」というのでハーバーシティーにある成城石井みたいなデリでおにぎりやのり巻き(←香港なら外食の方が安い)を買ってきて、部屋の雰囲気に全く合わないけどここで食べました。
ガチャガチャと食べていたチムサチョイの食事とは打って変わって、静かな夕食。
きゅうりの浅漬けを食べる音が響いてました。

海外旅行の度、こういう「お部屋で食べる回」が1度はある気がします。
年寄りみたいだけど、ほっとするんですね。
特に娘はかなりリラックスしている様子。
子連れ海外旅行はこういう時間を作るのも大事かも。

ディズニーチャンネルを見たり、部屋から花火を見たり、お風呂を泡風呂にして遊んだり・・・
旅行前半の疲れをお部屋で一旦リセット。
そして、明日のパークインに向けエネルギーチャージです。




★たびねすで香港ディズニーランド・リゾートについて書いております。
【日本未上陸アトラクションを乗りつくせ!香港ディズニーランド】
【朝からカワイイ連発!「香港ディズニーランド・ホテル」】



→旅するツバメ、ランキングに参加しております
楽しんでいただけたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪













[PR]
by swallow-k | 2015-02-03 07:43 | Hong Kong | Comments(0)
b0320746_16192951.jpg
今回、香港ディズニーランドさんのご協力も得て、たびねすで香港ディズニーの記事を書かせてもらいました。

香港旅行で5泊は結構長めなので、後半の2泊はディズニーに泊まることに。
まずはホテル・アイコンから香港ディズニーへどうやって移動しようかな〜と地下鉄マップとにらめっこ。
九龍駅までの無料シャトルバスが九龍エリアのホテルのほとんどをカバーしているので、これで九龍駅までバスで行っちゃうとが楽です。
もし九龍エリアから香港ディズニーへの移動を調べている方がいたら下のルートを使ってみて下さい。

 九龍駅
  ↓(東涌線)
 欣澳駅
  ↓(士尼線)
 迪士尼楽園

「欣澳」は英語名で「Sunny Bay」。
士尼」は「Disney」です。
香港の地名は英語名も持っているところが多いのですが、突然西海岸みたいな名前をあててきたSunny Bay
乗り換えだけだったのですが、Sunny Bayとは一体どんなところか気になってます。
私の頭ではBobby Hebbの「Sunny」がずっとヘビロテしてました。

そんな欣駅はフレッシュさ残る綺麗さで、乗り換えも同じホームでスムーズでした。
それから迪士尼線(ディズニーリゾートライン)に乗り込んだのですが、内装が日本のものと同じでした。

b0320746_07084686.jpg
「迪士尼楽園」で降りたら、パークの入口との反対側がバスターミナル乗り場になっており、そこからホテル巡回バスに乗れます。
香港にあるオフィシャルホテルは2つで、「香港ディズニーランド・ホテル」→「ハリウッドホテル」の順で回ります。
ちなみにバスの乗り口にスタッフが立っておりますが、特に何かしてくれる様子もなく。
スーツケースやベビーカーはセルフでバスのトランクに入れる方針みたいです(笑)

b0320746_07164520.jpg
今回は「香港ディズニーランド・ホテル」の方に泊まりました。
ごちゃごちゃした香港中心部の雰囲気とは一転、広くてエレガントなホテル。
「ここも香港なのか?」というSunny Bay(という名前)に続く西海岸感もちょいとあり。
夏だったらプールも楽しめそうなところです。

b0320746_07143084.jpg
さてチェックイン。
レセプションの横には子供の待ち合い室のようなものがあり、ディズニーアニメ上映中。
吸い取られるように娘は自らここへ。
すごいなディズニー、気が利くっ!
チェックインと共に、パークチケットを買い、そして朝食の予約。
キャラクター・ダイニングだけあって、結構いい料金ですね。
でも日本で下調べした通り、ホテル周辺に食べる場所なんてないので(道路しかない)、朝食は必然的にミッキーとホテルで食べるしかないのです。

さて次ぎはいよいよお部屋の中へ・・・。



★たびねすで香港ディズニーランド・リゾートについて書いております。
【日本未上陸アトラクションを乗りつくせ!香港ディズニーランド】
【朝からカワイイ連発!「香港ディズニーランド・ホテル」】



→旅するツバメ、ランキングに参加しております
楽しんでいただけたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪













[PR]
by swallow-k | 2015-02-02 16:05 | Hong Kong | Comments(0)