おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


b0320746_06594131.jpg

右側には一望できる香港湾が




b0320746_06582897.jpg

改装された清潔感たっぷりなお部屋



b0320746_06584950.jpg

恒例の泡風呂会場



b0320746_06591607.jpg

プレイグランドまであるんです










もう6月なのですが、
5月のGWは香港に行きました。



ホテルは何度が泊まっている
ルネッサンス香港ハーバービュー・ホテル」。
長い名前です。

香港側でどこ泊まろう?
と調べて・調べて・調べすぎて
迷走した末に
結局予約するのはこのホテル。

いくつかの求めている条件に
バランスよくあうのが
このホテルになってしまうんです。

ワイフケーキを作った時も
5か月の娘を初めて香港へ連れた時も
使わせていただいたこのホテル。

切れ切れに
過去の香港旅行を
ぽーっと浮かび上がらせてくれます。



とびきり気に入ってる部分が
湾仔(ワンチャイ)のスターフェリー乗り場が
ホテルのすぐ袂(たもと)にあるところ。

スターフェリーで朝食を食べにいく。
スターフェリーで部屋に帰る。

馴染みのない海上の交通を
習慣的に使うことが
静かな興奮をもたらします。



このホテルの魅力は
で紹介しております。
ご参照ください。






★「たびねす」で香港について紹介させていただいております。
 
 【香港ホテル】 
 【香港グルメ】

 【香港テーマパーク】

 【香港 in 東京】






★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ










[PR]
by swallow-k | 2016-06-20 06:39 | Hong Kong | Comments(0)
b0320746_06480295.jpg

黒米を丁寧に敷いて、肉デンプ・揚げパン・塩抜きした大根をのせる



b0320746_06475424.jpg

ぎゅっぎゅっとしっかり握る



b0320746_06481515.jpg

食感も味も天才的



b0320746_06474953.jpg

黒豆の豆花も食べておこう



b0320746_06483616.jpg

今回の旅の締めごはん、しっかりいただきました。








数十年という年月の中、
いろんなものを食べて命をつないできても
初めて食べるおいしいモノと出会うチャンスは
まだまだ残ってるんですね。

そんなことをしみじみ思えたのが
員林商店の「黒飯糰」。
台湾風おにぎりです。

こちらの員林商店、
永康街の近くにあるのですが、
通り過ぎてしまったくらい
普遍的なお店。

でもここで食べる黒飯糰は
一級品。

カリカリの黒米を
押し敷いて、
その上にしっとりした肉デンプ、
さくさくの揚げパンをのせて巻く。

味も食感も
想像つかないでしょう??

これが衝撃的なおいしさ。

材料的に家で真似して作るのは
ほぼ不可能ですね。
こればかりは台湾で食べねば。

黒豆の豆花も素朴なおいしさ。
氷がなくてもひんやりしている。
黒豆も黒米もかなり栄養価が高いようです。

早起きのおばさんが
早朝から営業してくれているので
最終日の朝も食べれるところが嬉しい。

黒飯糰を作る過程
「ほら、こっちきて見てごらん」と
観光客目線のサービスも忘れないところも
ありがたいです。




b0320746_06485102.jpg

そうしてこうして、後ろ髪をひかれつつも台湾にサヨナラです。








★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】















[PR]
by swallow-k | 2016-06-18 06:44 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06141832.jpg

豆花を求め、東門市場をうろつく



b0320746_06144576.jpg

あったあった!温かい方でくーだーさいっ!



b0320746_06140449.jpg

「芋団子は子供が喉につかえないようにね」と言いながらよそってくれた。



b0320746_06133898.jpg

「ここで食べてきな」と売り物の布団をよけて、テーブルに。



b0320746_06134129.jpg

おばちゃん、ありがとう。






東門市場で豆花さがし。
あったあった「81豆花」。

ここもやっぱり
住所(番地?)からとって「81」という名前っぽいです。
216粉圓大王と同じパターン。

トッピングはスタンダードなものが数種類あるのみ。
薄めのシロップは甘さ控えめだけど
団子に甘みがあって
それがいいバランスを保っている・・・
そんなやさしい甘さの一椀でした。

このお店、
布団やら婦人服やら
いろんなものを売っていて
軒先で豆花やお惣菜もやってますという何でも屋。

最初
どなた様に豆花をオーダーすればよいのか
わかりませんでした。
(店の中の婦人服担当っぽいおばちゃんが売ってくれました。)

豆花を渡されて
食べる場所をさがしていたら
布団の陳列台をテーブルにするという
あら技。
店の中からイスまでもってきてくれました。

こういう
「堅苦しくないやさしさ」が集まったところがいいんです、台湾。






★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ





★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】
















[PR]
by swallow-k | 2016-06-17 06:11 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_05444205.jpg

まずは必食の金峰魯肉飯で朝食



b0320746_05444846.jpg

ほぼ通り道なので中正記念公園へ



b0320746_05445880.jpg

重そうだけど、自動ドアっぽいです。



b0320746_05452262.jpg

1回目の衛兵交代式。1回目は他の回と違うバージョン。



b0320746_05452546.jpg

ショーカイセキさま・・・・







朝からやっている金峰魯肉飯
この店がある限り、
台北での朝食には困らないと思ってます。

いつものごとくガツガツ食べ、
ショートカットをするため中正記念公園へ。

まもなく9時。
「衛兵交代式が始まるね」ということで
記念堂へ向かうと
重そうな扉が閉まってました。
夜間は扉が閉まっているんですね。
初めて知りました。

9時をまわり扉が開きはじめました。
すでに衛兵全員が蒋介石さまの前に整列済み。
朝イチは違うバージョンのようです。
しかも開く寸前に扉前で待っていたら
さささっと小走りでいい場所をキープして
見学できます。

じゃあ最後の交代式は
どんなバージョンなんだろう?








★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】
















[PR]
by swallow-k | 2016-06-16 06:02 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06340946.jpg

朝日が台北101に寄り添う瞬間




b0320746_06170659.jpg

台湾大学のヤシ並木が南にいることを感じさせる




b0320746_06323291.jpg

開かずの扉




b0320746_06340226.jpg

眠たげな早朝でも色味だけは元気に起きているような四四南村




b0320746_06334708.jpg

静かな好丘には私を含め3人しかいなかった




b0320746_06332053.jpg

さぁ、本格的に1日が始まるぞ〜











ランニング中につき
写真は(古めの)iPhoneから撮った粗めのものになってます。



ホテル記事を書くたび、
需要があるのかわからないのですが
そのホテルからのランニング(散歩)スポットに熱くなってしまう
偏った私の記事。

しつこいけど、
ここでも書きます(笑)。
パーク台北ホテルからのランコース。

朝の時間というのは
その街を別人に変えるだけの
不思議な空気が流れています。



1日目のランニングは
基本の大安森林公園へ。
お年寄りが太極拳してたり、
テレビの撮影をしていたりと
ほぼ想像通りのビューイングでした。



2日目は台湾大学へ。
広過ぎて一部しか走れ(見れ)ず。
お年寄りグループが
歌謡曲でもって独自の体操をしている姿が
印象的でした。

街のみんなで使う大学施設。
アカデミックな場所を
普段使いできる生活が輝いて見えました。



そして3日目は四四南村へ。
賑わっている時間にしか行ったことがなかったので
ここは別人度が高かったです。

朝露に濡れた目覚めたての芝生が
「早起きしてよかったね」と
ささやいてくれているような気がして
すこし幸福な気持ちになります。
(やっぱランニングって孤独な作業だなぁ・・・)

静まり返ったレトロな建物ナメで見る
超近代的な台北101。
この鉄と木の新旧交わる景色が
観光客を引き付ける今の「台湾らしさ」の基盤なのかもしれない。



ホテルからの各スポットの距離は
で紹介しております。
ご参照ください。











★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











[PR]
by swallow-k | 2016-06-15 05:36 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_07352275.jpg

この豚肉を揚げた「排骨」がジューシーで大好き



b0320746_07360114.jpg

はまぐりのスープは疲れた体に沁みるいい塩加減



b0320746_07364398.jpg

帰路で豆花のお店が見つからなかったのでコンビニで



b0320746_07364608.jpg

豆花激戦区を抜けて、日本で食べたらすごくおいしく感じると思う










ガイドブックにもよく登場する『丸林魯肉飯』。
名前のとおり、
魯肉飯が看板料理のお店ですが、
ここのおかず類がかなりいけるんです。

このお店も指をさして
欲しいおかずを頼んで行く自助餐。
1皿だいたい150円前後の料理を
お店の人によそってもらって
テーブルへ。
スープ類とごはん類はテーブルでオーダーします。



ここのはまぐりのスープが気に入って
何度か家でまねして作ってみました。
塩と生姜だけのシンプルな味付けなんですが
夏でも冬でも体が欲する味。

そして排骨。
ちょっと油っぽく感じる方がいらっしゃるかもしれませんが
食べたくなるカリッ&ジュワッの薄切りトンカツ。
醤油系の下味がついてます。



結局毎回来てしまう丸林。
チャイナっぽい内装で
なんだか「ダイナスティー」っていう言葉が
頭で連呼するようなお店です。

そんな雰囲気の中に
ジュースバーも設けられてます。
ここで絞られるフレッシュジュースも
意表を突くおいしさ。
瓜っぽさがないスイカジュースがお気に入りです。











★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











[PR]
by swallow-k | 2016-06-13 07:09 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_07042269.jpg

「これとおなじものくーだーさい」



b0320746_06113956.jpg

撮らずにはいられない美しいスクープ



b0320746_06120224.jpg

日本でほとんど食べられない台湾バナナを



b0320746_06110216.jpg

こっちのテーブル座りたかったけど娘決裁おりず



b0320746_06111942.jpg

台北駅前の文具屋で買った書き方ノートに夢中








娘の念願だった百果園へ。
(余談ですが有楽町駅前のフルーツ屋さんも同じ名前ですね)

いいものをちょうどよい量で食べたいときは
やっぱり百果園。
店内も素敵な百果園。

台湾バナナの日本シェア率は今やたったの1%と
本で読んだので
私はバナナアイスにしました。

前に千疋屋のバナナアイスを食べてから
バナナアイスが気になるようになりました。
年中食べられるバナナを
あえて選択しないで生きてきましたが、
今頃バナナ味っていいな〜という目覚めが。

百果園のバナナアイスは
さっぱりした甘さ。
果肉もほくっとしていて
冷たくなった口の
いいインターバルになります。



ちなみに
娘の着ているスイカTシャツ。
台湾のユニクロみたいなお店「NET」で500円程度で購入。
NETの隅でフルーツ柄に着替えて
フルーツ屋さんへ来たというわけです。







★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











[PR]
by swallow-k | 2016-06-10 07:06 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06264692.jpg
日本人が設計した八角形のご長寿建築



b0320746_06270747.jpg
現在はリノベーションしておしゃれなお店が入ってます



b0320746_06271547.jpg
タピオカ・ナタデココ・パッションフルーツの食感を1度に楽しめる一品



b0320746_06273148.jpg
すごく有名ですね、麺線。おやつ感覚の食べ物だそうです。





原宿のような町・西門。
実は行ったことがありませんでした。



まずは西門のシンボル・西門紅楼(レッドハウス)へ。
ここは統治時代に
日本人向けの演芸場やお店が入っていた建物だったそうです。

現在はリノベーションされ
デザイナーたちがそれぞれのスペースで
衣服や雑貨を販売しております。



じりじりと暑くなってきたので
ジューススタンドのCocoで一服。



それからお目当ての
阿宗麺線へ。
大混雑でした。
みんなぱぱっと買ってその場で立ち食い。

味はダシがすごく濃いスープに
エノキのような麺とモツが入ってます。
薬味はパクチー。
とろみが付いているので
ずっと熱々。
ダシ風味だけど初めて食べる味。


先日の日台フェスティバルで
麺線のお店が新橋にあることを知りました。
この味が恋しくなったら
新橋へ赴きたいと思います。








★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











[PR]
by swallow-k | 2016-06-09 06:57 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06530265.jpg
雑貨屋「印花楽」。ランチョンマットのラインナップが増えていた。



b0320746_06515274.jpg
これもフルーツだから、幼稚園のお弁当のデザートにしたらだめかな?



b0320746_06523785.jpg
ジュエルっぽい歩道



b0320746_06531868.jpg
買いたいけどスーツケース入らないよね



b0320746_06520882.jpg
何か冷やしております



b0320746_06533580.jpg
埠頭でレンタサイクルがあったけれど、ここだけ異様な照り返しで温室に入った気分



b0320746_06542571.jpg
「『じてんしゃほしーです』っと。で、あそこにポッキーさすのね」









しばらーく迪化街を堪能。

乾物と漢方の匂いがだめで
娘は鼻に指を突っ込んで歩いてましたが、
このエリアは何も買わなくても見ているだけで
楽しいですね。

旅行に行っても
現地で食べるもの以外、
それほど買い物はしません。

迪化街で買ったものも
朝食のおこわ・ドライフルーツ・絵はがき。

台湾の雑貨もすごくかわいらしいのですが、
台湾の景色の中にあるから
似合うんだろうなと思って
手を止めてしまいます。

珍しく「欲しい!」というボルテージが上がるモノを見つけちゃうと
レジに行くまでがすごーく長いです。
どう使おう?
どこに仕舞おう?
飽きないかな?

そういう時は一旦店を出て
それでも欲しい気持ちが続いたら
戻って買う。

じっくり迷うほど
その買ったモノに愛着が湧くと思ってます。

でも印花らのお弁当包みは
買えばよかったかなぁ・・・
と今でも思ってます。

・・・台湾に戻って買わねば。











★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











[PR]
by swallow-k | 2016-06-08 13:13 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06191650.jpg
前回はるばる来て、休みだった林合發油飯店


b0320746_06213258.jpg
これまたピンク地×赤文字のお決まりな袋にいれてもらいました。


b0320746_06194349.jpg
椎茸の下にずっしりなおこわが


b0320746_06195071.jpg
市場内のこのスペースはナイスです。


b0320746_06201381.jpg
市場内を見学


b0320746_06201738.jpg
おばさんの魔法の手。鉄板に直接すりこんでます



b0320746_06205648.jpg
「私にも骨ってあるの?」「あるよ、チキンにもあったでしょ」








前回
午前中に売り切れるという
林合發油飯店の油飯(おこわ)を食べに
早朝から永楽市場まできました。

はりきって到着したにもかかわらず、
市場自体やっていない様子。
ガイドブックでよく見る「不定休」に見ごと的中し、
不運にも食べられなかったここの油飯。

まだそのときは松山線が開通しておらず、
小雨のなか雙連駅から20分くらいかけて
この迪化街まで来たのでショックは大きかったです。
2014年秋にできた北門駅、
これは迪化街をぐーんと身近にしてくれましたね。



さてこちらの油飯。
台湾では男の子が生まて1か月後、
このおこわを配るという習慣があるようです。
女の子の場合はケーキだそう。

字のごとく、
日本の炊き込みごはんより
ちょっと油が多め。

写真は
おこわ・鳥もも・煮卵のセットで
200元(約700円)。

あれ、台湾にしてはちょっと高い?
思う方もいらっしゃるでしょうが
おこわが1斤(600g)も
入ってます。

これはかなりの量。
大人2人でもキツいです。
しかも餅米なのでずっしりときます。

ちなみに「斤」という単位、
台湾でよく登場するので
「1斤=600g」は
覚えておくと便利です。








★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











[PR]
by swallow-k | 2016-06-03 05:05 | Taiwan | Comments(0)