おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0320746_10505742.jpg

飴でコーティングされたフルーツ




b0320746_10505213.jpg

モーパイ屋さんが非常に多い



b0320746_10505397.jpg

パチンコ中毒の4歳児




b0320746_10505554.jpg

ここはチケットじゃなく、パチンコ玉本人が出てくるタイプ




b0320746_10505671.jpg

高額商品は絶望的な距離のわなげ








台南の夜市を代表する「花園夜市」。
観光客はタクシーでアクセスするしかなさそうです。

到着してみると駐車場が広い!
地元の方もやはり車やバイクで来るのが一般的のよう。

台北でいうと
士林夜市と寧夏夜市の中間くらいの規模。
食べ物屋、そしてゲームコーナーがかなり充実してます。




まずは娘・最大の楽しみパチンコへ。
台北だと点数分のチケットがダラダラ出て来るマシンが主流ですが、
ここは玉が直接じゃらじゃら出て来るタイプ。
残り2玉になったとき、
台を変えるバクチっぷりを見せる娘。




麺線・葱餅・香雞排(フライドチキン)などを買い食い。

台南の葱餅は薄くて大きくて
台北では見ないスタイルでした。

あと香雞排はボリューミー&ジューシーで
花園夜市でおすすめの一品。




台南の夜市は週替わり。
花園夜市は現在
木・土・日曜日の開催。

他の曜日は別の場所で
違う夜市が開催されているようです。



地元の人でにぎわう夜市。
台湾の人はどのくらいのペースで
夜市に来るのでしょうか?








★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














[PR]
by swallow-k | 2017-07-31 19:50 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_21591919.jpg

日が落ちる前の神農老街




b0320746_21592293.jpg

ノスタルジックな通りにモダンなソフトクリームの看板





b0320746_21592145.jpg

建物の狭間にぴったりはまるミニサイズのお寺




b0320746_21592469.jpg

外の流し台がなんかよかったのでパチリ





b0320746_21592303.jpg

グリーンの網戸もよかったのでパチリ



b0320746_22132153.jpg

がんばって歩いてます。









台南のフォトジェニックなスポット「神農老街」
300メートルくらいのノスタルジックな通りなのですが、
どんつきにお寺が。
つまりここは参道なんだそうです。

ここでも古い建物をにわかにリノベーションして
若い方たちがそれぞれのお店を営んでます。

まだ日が明るいうちに訪れたのですが、
夜はライトアップされて
まったく別の色になる通りのようです。

車がびゅんびゅん走る通りとは違い、
一軒一軒に足を踏み入れたくなるような、
スローペースで見たくなる一画。

もっとじっくり見たかったのですが、
夜市に行くので
さらりと通りました。







★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














[PR]
by swallow-k | 2017-07-28 22:22 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_21181700.jpg

お客じゃなくてお店がトッピングを決める




b0320746_21181537.jpg

選ばれしトッピング




b0320746_21181469.jpg

上の氷を集中的に食べていたら、氷だけ持って来てくれました。




b0320746_21181390.jpg

夕飯前の豆花屋。アーケードチックな場所でした。







台南の豆花屋シリーズ。

無名豆花で食べたばっかりなのに
またも豆花屋「修安扁擔豆花」へ。

こちらは台南では珍しく、
氷がのったタイプ。
それもそのはず、
このお店は元々はかき氷やさんだったとのこと。

氷ジャンキーの娘は
氷だけを集中的に食べる。

それを見ていた店長さん(らしき方)が
かき氷に黒砂糖のシロップをかけたものをお椀に入れて
娘にサービスしてくれました。

これだけでも十分おいしい!

「総合豆花」という
4種のトッピングがのったものを頼んだのですが、
珍しいことに
ここではお店側がトッピングを選ぶのです。

「シェフの気まぐれ風ソイ・プディング 〜かき氷を添えて〜」
ってことですね。








★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














[PR]
by swallow-k | 2017-07-27 21:43 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_22582913.jpg

めずらしいイチゴの豆花。




b0320746_22583015.jpg

安定のタピオカ豆花もオーダー




b0320746_22583106.jpg

タータンにとっては風呂サイズ




b0320746_22583200.jpg

チョコレート豆花ってどんな具合で出てくるんだろ?




b0320746_22583411.jpg

店名だけではなく店内も謙虚なかんじがいい。




b0320746_22583548.jpg

若干ドライブスルー気味で買って行く人も。








メインストリートから外れる豆花屋だけど
評判がよいので行ってみた「無名豆花」。
近くにランドマークがないので赤崁楼までタクシーで行き、
そこから歩きました。

赤崁楼でタクシーをおりた途端、
「またここー!?」と悲鳴をあげた娘。
すごく暑い時間に訪れたときの記憶が蘇って
絶望的な様子。

疲れがきているうえ、
娘が好きではない豆花に付き合わせるので
ほぼ肩車で無名豆花まで。
赤崁楼からは徒歩で10分くらいかかります。

いちご豆花(草苺豆花)、
ゆるくしたジャムのようなソースをかけただけの
豆花を食べてみました。

ソースの素朴な甘さと酸味。
昔ながらのおやつのようなシンプルな味だけど
今までにない豆花の魅せ方。

ここでまた
既知の豆花の領域が広がりました。

常連らしき人々が
ここで一瞬バイクから降り立ち、
さっと豆花を買って行く。

強い西日の中で行われる人々の日課が
食べながら眺めるには最高の景色。












★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














[PR]
by swallow-k | 2017-07-26 21:36 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_12064135.jpg

業務用って感じの洗濯機。




b0320746_12064704.jpg

洗剤、柔軟剤の自動販売機あり。




b0320746_12064030.jpg

小児科でもらう薬のような容器で洗剤が出てきた。




b0320746_12071499.jpg

洗濯中、コンビニで悠遊カードにチャージしたり・・・



b0320746_12064334.jpg

各お宅の窓の格子を見て歩く。




b0320746_12064548.jpg

3時のおやつも忘れずに。




b0320746_12064660.jpg

美味でした。





シルクスプレース台南から徒歩7分くらい、
五妃街という通りの近くにある24時間のランドリー。
主人と子供がホテルプールで遊んでいる間に
私はリュックとDFSの袋に衣類を詰めて
ランドリーで洗濯。

洗濯30分、乾燥30分。
待ち時間は1人で見知らぬエリアを散歩。

1人で海外の街を歩く時間は
少しの緊張感と孤独に近い自由で
この状況でしか成り立たない、
独特の気持ちに入ります。

ただただ住宅街を歩いて、
1つ1つのなんでもないものをじっくり見て
どうでもいいことを連想する。

街の喧騒は続くけど
頭の中には静寂がある不思議な感じ。




コインランドリーの自分の荷物から離れていても
洗濯ものはちゃんと全部揃って
仕上がってました。




ランニングして、
毎日汗をかきまくる7日間の旅行だと
やはりホテルでの手洗いに限界あり。

洗濯はここの1度のみ。
持ち物をリフレッシュしたところで
旅行もここで折り返しに。

まだまだ暑い台湾、
歩きます。










★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














[PR]
by swallow-k | 2017-07-21 22:48 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_09435679.jpg

さっくさくの蝦撒き



b0320746_09435284.jpg

「黃金海鮮派」という名前から味に期待できる



b0320746_09435312.jpg

炭水化物と一緒に。ビールを頼みたくなるラインナップ




b0320746_09435169.jpg

バスで台北市内に戻る







安平の食事処といえば「周氏蝦巻」。
セルフサービスのお店だけど
味は本格的です。

ここの看板料理は「蝦巻」。
エビ・セロリ・豚などでできたフィリングを
なんと豚の横隔膜で巻いて揚げたという斬新な1品。

見た目通り、
カリッカリでこれは美味。

そしてカウンターで出来たてのものを見て
頼まずにはいられなかった「黄金海鮮派」。

その名の通り
ゴールデンな衣の中に
海の旨味たっぷり、
弾力ばっちりの
イカ・タラ・エビのすり身ダネ。

この2品は必食。

ビールのお供に最適です。
(トイレが近いので私は頼まず・・・)












★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














[PR]
by swallow-k | 2017-07-03 10:02 | Taiwan | Comments(0)