おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

b0320746_12035159.jpg

すごい密集。みなさんの暮らしが気になります。




b0320746_12035291.jpg

四角い空。上から見るとE字型になってるそうです。




b0320746_12035390.jpg

外から見ると湾曲しています。黄色い文具屋の看板が目印。




b0320746_12035032.jpg

マンションのグランドフロアは商業施設。




b0320746_12035416.jpg

トラムで行きました。こんなに長時間トラムに乗ったのは初めて。




b0320746_12035562.jpg

わずか数十円でどこまでも乗れるトラムの旅。









2日目のお昼は香港のお友達と
観塘(Kwun tong)という見知らぬ地で飲茶
はじめましての赤ちゃんが3人もいた再会でした。

そして今回の旅のメインイベント。
それは香港の「モンスターマンション」を訪れること。

そのモンスターマンションとは
MTR太古駅から歩いて徒歩5分くらいのところにある巨大集合住宅。

満島ひかりさんの「ラビリンス」のPVを見て
「わぁ〜これ香港だ。行って見たい!」と
脱ワンパターン香港旅の意もあって
行くことを決意。

地下鉄での行き方については
ネットでたくさんの方が書いていましたが、
あえてトラムで行ってみました。

跑馬地(ハッピーバレー)から筲箕灣行きに乗車。
人でごった返している「銅鑼灣」を縫うように走り、
まだ見慣れた範囲である「天后」を過ぎたあとは
未開の地。

だんだん人も少なくなって来て、
日も暮れ、
街灯も激減、
景色が暗くなっていく・・・。

どこを走っているのかほぼわからない。
トラムは停車駅の案内もないし。
大丈夫かな?

必死で地下鉄の入り口を車窓から探しました。

すると右側に「鰂魚涌駅」の入り口が!

この次が「太古駅」なので
モンスターはこの辺・・・
と思ったときには右側に
巨大で湾曲した白壁。

これだ!
写真で見た文具屋の黄色い看板もある!

トラムだと地下鉄駅よりもっとモンスターに近い場所で降りられます。

トラムが走っている大きな道路側を
ビルに沿って歩いていると
入り口が。

グーグルマップで見るとわかりやすいのですが、
「福昌楼」「海景樓」「海山樓」「益昌樓」「益發大厦」
という5つの集合住宅がさらに集合してE字型に並んでます。

その「E」の隙間に入り込むと
圧迫感たっぷり、
窓に囲まれた景色になるのです。

入るとやはり撮影に来ている方が数名いました。
ゴミ置場?の小さい屋根に上って
写真を撮るのが定番のようです。

家に明かりが灯る時間を狙ったのですが、
みなさん外出中か
ぜんぜん光がなく中途半端に記念撮影。
そして雨まで降ってきた・・・。

今度は明るい時間に行ってみたいです。

トラムは結構時間がかかります。
30分くらいかかったでしょうか?

帰りは地下鉄でピューっと帰って来ました。

地下鉄は無駄のない便利さ。
しかし
景色を見渡せる木製シートのトラムにいる時間は
心揺さぶるものがあります。



















★「たびねす」で香港について紹介させていただいております。

【香港ホテル】 
【香港グルメ】
【香港テーマパーク】
【香港 in 東京】
【香港観光スポット】
【子連れ香港】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ










[PR]
# by swallow-k | 2017-12-06 11:57 | Hong Kong | Comments(0)