おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

子連れ台湾・宜蘭の旅 ③ 〜メルヘンな宜蘭駅〜

b0320746_06290234.jpg

絵本の世界がテーマの駅




b0320746_06285922.jpg

次女のくんくんタオルを駅構内に落としてしまった




b0320746_05230679.jpg

車のすぐ後ろにつけて信号待ちするママチャリ。




b0320746_05230523.jpg

駅の斜向かいにもジミーワールド




b0320746_05230514.jpg

駅に来るたび、滑り台に寄る




b0320746_05230436.jpg

ホテルの近くには「CoCo」「清心福全」「COMEBUY」と有名ジューススタンドが並ぶ









宜蘭は台湾の有名な絵本作家ジミー(幾米)さんの出身地だそうで
駅前はジミーワールド。

キリンがにょきっと出ている駅の写真を撮るや否や、
次女がいつも指を吸うときに嗅ぐ癒しアイテム「くんくんタオル」が
抱っこ紐の中にない!

これがないとだめなんです。

実際には「タオル」という立派な代物ではなく、
いつも嗅ぐマタニティーパジャマの裾を切って
携帯できるようにしたもの。

電車を降りた時は持っていたので
駅のホームに落としたなと推測。

そこで駅員さんに「もう一度入らせて」と
お願いしに行ったら
英語全く通じず。

ちょっと英語ができるという
おばさんを事務室から呼んで来てくれたけど
あんまり通じず。

もう他のタオルをリュックからだして
滑稽なジェスチャーゲームの始まりです。

で、なんとか通じた。

おばさんの付き添いのもと
ホームに渡る通路で見つけたわけですが、
布を切って端をザクザク塗ったものなので
「これがタオルか?(大事なのか?)」という感じて
見ていました。

しかし
「ベイビー、クンクン、チュパチュパ」
とジェスチャーしたら
すごく理解できた様子。

ありがとう、宜蘭駅のみなさん。

ホテルまで徒歩約7分とグーグルマップが言っているので
街を知るためにも歩きで向かいました。

<関連記事>



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ





★「LINEトラベルJP」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】





#台湾 #旅行 #子連れ台湾 #宜蘭 #子連れ海外 #台湾鉄道 #台鉄 #ローカル線 #鉄道の旅 #幾米 #ジミー #宜蘭駅 #yilan #taiwan #taipei #puyuma #travelwithkids


[PR]
by swallow-k | 2018-10-17 06:00 | Taiwan | Comments(0)