おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

子連れ台湾・宜蘭の旅 ⑯ 〜ピンクの象のすべり台〜

b0320746_05094500.jpg

ピンクの象のすべりだい




b0320746_05094695.jpg

幸福バスターミナルはジミーづくし




b0320746_05094438.jpg

伝言板がまだある駅。シティハンターを思い出す(XYZ)。




b0320746_05094434.jpg

楽しかった3泊の宜蘭。台北へ向かいます。








ガイドブックに小さく載っていた
ピンクの象のすべり台。
絵本作家ジミーさんの本に出てくる
キャラクターらしいのですが
見てみたいと思い、
幸福轉運站(幸福バスターミナル)へ
行ってみました。

宜蘭駅から徒歩7分くらいで着いたのですが、
ここに来るまでの道のりにも
ジミーさんの世界
たくさん広がっています。

ジミーといえば
ジミーチュウか
ジミー大西くらいしか浮かばないけれど
台湾でジミーと言えばもうこの人なんでしょうね。
観光バスがたくさん止まっていました。

幸福轉運站のピンクの象さん、
行った時は残念ながら閉鎖中。

キリンの塔のようなものもあったけど
こちらも閉鎖中。

がーん・・・

そのほか、
子供が遊べるような有料の屋内施設もあったり、
ギフトショップなどもありました。

ジミーさんの絵本は読んだことがないから
キャラクターことなどあまりわからないのですが、
ローカルな駅の周辺を
1人の作家が描く絵本の世界で
色鮮やかに賑わせる発想とその実現には感心します。

しかも屋外にあって町の一部にしている。
いつでもだれでも気軽に見れるというのがいいですね。
これがチケット制で・・・とかになると
魅力がないんですよね。

日本で同じようなことをするのなら
誰がいいかな?

やっぱり
なかがわえりこさん&やまわきゆりこさんの
黄金コンビかな?

「ぐりとぐら」「そらいろのたね」などの世界が
遊具になったり
ベンチになったりしたら
本当にステキだろうなぁ・・・。




第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
 旅行・お出かけ部門に応募します



[関連記事]



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ





★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】



#台湾 #子連れ台湾 #子連れ海外 #子連れ宜蘭 #ジミー #幾米 #宜蘭駅 #ジミーワールド #絵本の世界 #ジミーリャオ

by swallow-k | 2018-11-12 06:13 | Taiwan | Comments(0)