おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉕ 〜持って行った台湾本〜

b0320746_05351736.jpg

台北の歩道にあるミニ台所が好きです。




b0320746_05350131.jpg

松山空港の遊び場。機内で寝かせるため昼寝ひっぱりまくり。




b0320746_05360943.jpg

さよなら台湾。また来るよ。









本屋に行くと
海外旅行のガイドブックコーナーを占拠しているのが
ハワイと台湾。
ほんと台湾の人気は止まらない域。

私も行く予定がないくせに
台湾と香港の本は買ってしまうので
我が家にも旅の出発を待っている台湾本が
どっさりあります。

そんな中で今回連れて行った本はこちら。




■「わたしのすきな台北案内」柳沢 小実さん↓

・1つずつシンプルだけど丁寧に案内していて読みやすい
・グルメ中心で本当においしいものが紹介されている
・土地勘がついたリピーターはこの1冊でかなりまわれる
・初台湾の方はララチッタなどと併用すればさらに濃い台北歩きができる




■「ララチッタ台北」JTBパブリッシング↓
・鉄道利用時の基本などを確認するためのお守り的存在
・地図、路線図があり比較的軽量で持ち歩きやすい




■「宜蘭+台北 ちょこっと海・温泉・ローカル近郊を楽しむ旅」
・宜蘭についてちゃんと書いてある本はこれしか見つけられず
これがなかったら宜蘭エリアをまわれませんでした・・・
この表紙を見るだけで宜蘭の旅はフラッシュバックするくらい読んだ





本は実際すごく重いので
必要なものだけを持っていきます。
私は3冊くらいがちょうどよいかな?

機内へはララチッタだけ。

帰国の機内で
実際行ったところを
ガイドブックでなぞる作業も地味に楽しい・・・
旅情がぐっと焼きつく感じになります。

と言いつつも、
今は1歳のチビを機内で四六時中抱っこなので
そんなことはできず。

全力を自分に注げる旅行が復活する日も
大きくなった子供たちと旅行できる日も
楽しみにしてます。

とにかく
動きたガールのチビは
帰りの便で全寝してくれたので
それだけで幸いです・・・

トイレも機内食もがまんですが、
それでも台湾に行けたことが嬉しい。




 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉓ 〜唯一無二の味!サメ団子の「佳興魚丸店」〜
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉔ 〜大稻埕公園と街の人々〜



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #おすすめ #子連れ台湾 #本 #ガイドブック #赤ちゃん連れ #子連れ海外 #台北


by swallow-k | 2018-12-01 07:30 | Taiwan | Comments(0)