おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

キャセイパシフィック航空でもらったトランプがイイ!


b0320746_05572263.jpg

海外各地の名建築が絵柄に




b0320746_05574617.jpg

都市の中国語名も覚えられる・・・かも







我が家のトランプといえば、
キャセイに乗ったときに
娘がもらったトランプ。

これがなかなかいい。

各地のランドマークが絵柄になっているから
これで神経衰弱とかしちゃうと
旅行好きな人にはたまらない。

「サンフランシスコはアラモスクエアか。
ゴールデンゲートは選ばれなかったのね。」
「シンガはマリーナベイサンズ。
泊まったなぁ・・・いいホテルだった」
などなど旅情にひたれる(?)という特典付きトランプ。

そして
6歳の娘がテレビを見ていたときのこと。

サグラダファミリアがテレビに映っていたら
娘「あ、これ知ってる」
私「知ってるわけないよー」
娘「キャッセル(←いつも間違える)の飛行機でもらったトランプにある」

おぉー!
役に立つ知識かわからないけど
モノトーンの絵柄でも
名建築が子供の頭にインプットされている!

このテレビに映ったものを知ってるぞ発言は
上海テレビ塔、ワットアルンでも
起こりました。

子供のモノ・形を頭の中に残せる力は
すごいですね。
素通りするような場所などが
子供には印象的であったり。

台湾の特に変哲もない場所の写真をみて
「あ、ここ知ってる。」
とそこでのシチュエーションを
ペラペラ語りだしたりすると
すごー!っと感心。
(自分の記憶力低下が著しいから羨ましさ全開)

でも何度教えても
ひらがなの「く」と数字の「5」を
いっつも鏡文字で書いたり
自分で片付けたものを
どこに片付けたかわからなくなる娘。

どうでもいいことを覚えていて
肝心なことを忘れる。

子供ってこんなものかな?



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で香港について紹介させていただいております。

【香港ホテル】 
【香港グルメ】
カレースープに浸して食べる激ウマ麺!香港「九記牛ナン」
2層の食感に感動!香港「パイナップルパン」はこのお店で!
【香港テーマパーク】
【香港 in 東京】
【香港観光スポット】
【子連れ香港】


#子連れ香港 #飛行機 #キャセイパシフィック航空











by swallow-k | 2018-12-27 06:36 | Hong Kong | Comments(0)