人気ブログランキング |

おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:北海道( 15 )

b0320746_13064707.jpg

北海道の乾いた空気は夏の西日を輝かせる




b0320746_13064846.jpg

一瞬の夏、儚い盛り








庭でジンギスカンをしたり、
花火をしたり、
北海道の涼しい夜を味わいました。

実家がある場所はとても星がきれい。
10キロ離れた市街地に行くと
もう星はそんなに見えません。
星ってデリケートですね。

子供の頃は毎日見ていた星空ですが、
大人になってみると本当に感動的。

無数の穴の空いた大きな暗幕を
地球全体にすっぽり被せたみたいです。

じっと見ていると
頻繁に流れ星も現れます。




子供たちが寝静まったあと、
実家にあった星野道夫さんの本を読むことが
毎晩の楽しみでした。

星空くらいしかない田舎の夜にはぴったりの本。

わかりやすい言葉を選びつつも
その奥にあるのは壮大な思想。

詩のような美しい言葉から
優しい人だったんだろうなと
星野さんの人柄がうかがえます。

大自然の中の生命の脆さについての話が
印象的でした。

もちろん星野さん自身、
埋もれそうな自然の中にポツンと身を置いた時の
人間の生命の脆さも強く理解していたはず。

若くしてその摂理をわかりすぎてしまうと
生きる辛さというのも湧いてくると思います。

星野さんは少しも辛くは感じなかったのかな?

失礼ながら
星野さんといえば写真家のイメージしかありませんでしたが、
抜群に文章がすばらしいです。

海外のいろんな場所を旅することが好きな人は
おそらく気に入る本だと思います。
機内のお供におすすめです。


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】

#北海道 #星空 #流れ星 #星野道夫 #旅をする木 #星野道夫とみた風景 #僕の出会ったアラスカ #アラスカ #森と氷河と鯨 #長い旅の途中















by swallow-k | 2018-09-06 22:26 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_11512057.jpg

この度はかぼちゃ&クッキークリームで。




b0320746_11512001.jpg

羊蹄山を眺めながら食べる贅沢さ。




b0320746_11511967.jpg

糖分摂って、パワー全快な人々。




b0320746_11511912.jpg

どこまでも歩いて行く人。




b0320746_11512159.jpg

あっという間に秋がやってきそうな空気です。








娘がとっても楽しみにしているアイス屋さん
やっぱりここのジェラートに並ぶものはないと
私は思っています。

1歳3ヶ月の娘もかぼちゃアイスを食べまくり。
長女のアイスを主人がちょっと味見すると
「あー!食べ過ぎ!食べないでよっ!」
と怒りの本気度がすごい・・・。

そのくらいおいしいんですね。

このアイス屋さんに来たくなるもう1つの理由は
羊蹄山が目の前にあること!
絶景です。

長女は「あ!富士山がある!」と叫んでました。
おしい!
ご存知の方も多いと思いますが、
羊蹄山の別名は蝦夷富士ですね。

自然が作り出した形ほど
美しいものはないと
つくづく思います。















★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「トラベル・ジェイピー」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】










#洞爺湖 #レークヒルファーム #アイスクリーム #おいしい #北海道 #子連れ北海道 #子連れ旅行 #子供と #赤ちゃんと #ジェラート #羊蹄山 #北海道らしい






by swallow-k | 2018-09-05 12:09 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_21321107.jpg

ミシュランのビブグルマンを獲得した醤油黒ラーメン



b0320746_21321109.jpg

縮れ具合がたまらない。スープもあっさり醤油でぐいぐい飲める。




b0320746_21321255.jpg

叔父の神社に遊びに行ったり



b0320746_21321093.jpg

お久しぶりの洞爺湖にご挨拶したり。貴重な晴れ間を満喫です。







ミシュランの星からは外れるものの、
安くておすすめできるというお店に与えられるビブグルマンの称号。
それを獲得したラーメン屋「一本亭」へ行きました。

おいしいうえに小上がりもあって、
ファミリーには嬉しいラーメン屋。
洞爺湖周辺でおいしいラーメンを・・・
というのであればぜひ一本亭へ行ってみてください。

そしてその際は
温泉味玉子のトッピングを忘れずに!
やわらかい味玉子は
ラーメンのおいしさをいっそう引き立ててくれます。

5歳の娘もほぼ1杯食べちゃいそうな確かな味。

訪れた日はちょうど洞爺湖トライアスロンの前日で
お店はチャリダーで溢れていました。

食後は湖畔でのんびり。

子供の頃は見慣れすぎて何とも思わなかったけれど、
やはり洞爺湖は美しい。

静かな波紋の中心に浮かぶ中島の輪郭、
青く深くただ佇む湖水、
ずっと見ていられる完璧なカルデラ湖です。



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「トラベル・ジェイピー」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】

#洞爺湖 #一本亭 #ラーメン #おいしい #北海道 #子連れ北海道 #子連れ旅行 #ミシュラン #ビブグルマン #子供と #赤ちゃんと















by swallow-k | 2018-09-04 21:56 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_05475076.jpg

庭のブルーベリーや花を摘んでおままごと。




b0320746_05475197.jpg

勝手に物置から使えそうなものを持ってくる自由な5歳。




b0320746_05475240.jpg

2年分の薪。夏から乾かして冬に燃えやすくしておきます。




b0320746_05475277.jpg

私が毎日遊んでいた場所で、2人が遊んでいる。







「どこか行きたいところある?」と聞いても
「ばぁばの家のまわりで遊びたい」という娘。
子供は観光よりも
やっぱりどろんこ遊びがいいみたい。

私も子供の頃は
この庭で泥水被って遊んでました。
娯楽がない田舎だから
毎日どろんこ遊びや虫取り、
そして冬は雪遊び。

そんなスローライフで子供期を過ごした私には
2人の娘が超都会っ子に見えます。
小さい体で慌ただしい毎日をよくこなしているなぁと
思ってしまうくらい。

長女は
冬の時期に北海道に来たいと切望中。

雪は見たことがあっても
つららはまだ見たことのない彼女。
中川李枝子さんの「なぞなぞえほん」に出てきて
つららの存在を知ったばかり。

まだまだ知らないことが溢れている5歳の世界を歩む日々です。












★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「トラベル・ジェイピー」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】

















by swallow-k | 2018-09-02 23:27 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_21545568.jpg

雨上がりの母の庭




b0320746_21545573.jpg

さんざん降って、やっと上がった雨




b0320746_21545666.jpg

リードの長さを理解していないから振り向くと苦手な犬がどーん!









お盆あたりに1週間ほど北海道に帰省しました。
往路は私ひとりで5歳と1歳の暴れん坊を連れて行くことに。

長女との飛行機はもう楽チン期に突入。
酔い止めが効きすぎたのか
空港までのバスで寝て、
飛行機も全寝で
「寝てたからあっという間だったよ〜」と余裕のコメント。

長女が「あっという間」と思えた時間、
私は動きたガールの次女に手を焼いてました。

やっと寝たと思っても
あの「Cabin crew, prepare for landing」のアナウンスで
毎度起きるんですよね。
低い声で格別大きく思える音量、
仕方がないけど
「あーおきるなぁ〜」とドクンと胸が鳴る瞬間であります。

そこで目覚めてから
もうベルト着用サインも出ているのに
歩きたがる・・・。
辛いですね。

次女の性格からして
今回の飛行機はきっと大変と思い、
飛行機対策はかなり凝りました。

眠くなると匂いを嗅ぎたがる私のパジャマ。
その裾を切って縫って
携帯用くんくんタオルを準備。

あとは
よく児童館のようなところで見かける
ペットボトルの蓋に穴を開けて
切った縄跳びのゴムを通すおもちゃを製作。

それと
食べたことない珍しいお菓子をと思い、
1歳頃から食べられるラムネを購入。

もう虫歯とか言ってられないくらい何かに怯えている私(笑)。

熱帯夜に汗を流しながら
夜な夜な準備しました。

結果、
携帯くんくんは
かなり効果テキメン。
作っておいてよかったー!

ラムネもちびちび食べて結構しのげました。

そんなグッズでつないで
なんとか到着した新千歳空港。

機内で(私だけ)かいた汗が
さーっと冷たくなるような涼しさ。
いや、寒すぎ。

そしてこの日から雨が3日間降り続くのでありました。

せっかく夏の北海道に来たのに
ストーブつけて
引きこもりからスタートです。


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「トラベル・ジェイピー」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】

















by swallow-k | 2018-08-26 22:31 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_16081519.jpg
捨てるタイミングを掴めないまま、小判を携え千歳へ。


b0320746_16081961.jpg
「これから揺れるって〜。アナウンス入れとかなきゃ」








レンタカーを返し、
新千歳空港へ舞い戻ってまいりました。

再度「遊びたい」と言うだろうと見込んで、
早めに空港へ。
おみやげ買って、
アイス食べたり、
大空ミュージアムで遊んだり。

なんだか食べ続けて
夕飯時になっても私と娘はお腹がすかず、
主人だけラーメンを食べに別行動。

機内に乗った瞬間、
後ろの席のおじさまが
「プシュー」っとビールの蓋を開封。
すぐにCAが駆けつけ、
「お客様、お持ち込みのアルコールを機内でお飲みになるのは・・・」
あれ?だめだっけ?

新幹線と国内線と国際線のルールが
ごっちゃになっている私もプシューってやっちゃいそう。
成田に到着したら
その開けた缶ビールをお渡しするということになったみたいだけど、
気が抜けてるし、ぬるいよね・・・。

搭乗前、念のためにおにぎりを買っておこうと探したら、
荷物検査後のお店では
佐藤水産の筋子おにぎりしか見つけられず。
筋子は食べないかもと思いながら買ったのですが、
娘は機内でがっついてました。

その後、コンビニでも
おにぎりと言えば、
ちょっとお高い筋子おにぎりを
リクエストするようになってしまいました・・・。









★「たびねす」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】






★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓クリックしていただけると嬉しいです♪

      にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











by swallow-k | 2015-11-10 16:31 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_07242005.jpg
近くの自然公園へ


b0320746_07241069.jpg
冬支度


b0320746_07242866.jpg
オオウバユリの中にある・・・


b0320746_07243395.jpg
きつねの小判を


b0320746_07244581.jpg
ごっそり袋に入れて持って帰るとのこと。







娘のリクエスト、
「キツツキが見たい!」。

絵本にキツツキがちょっと載っていた時、
「くちばしで木をコツコツたたいて
おうち作るんだよ〜」
と教えたら
受け売りで
人にキツツキについて話しまくり。

と、いうことで
会えるかわからないけど
実家の近くの自然公園へ行ってみることに。

前半、キツツキのことを忘れて
落ち葉や枝を拾うことに夢中。
・・・と、その時、

コツコツコツ・・・

いたいた!
一生懸命木を叩いていました。
主人も見るのは初めてとのこと。

その後はオオウバユリに夢中。
枯れた花を振ると
金色に輝く種がヒラヒラと出て来る。

主人「なんか小判みたい」
母「そうだよ。これ『きつねの小判』って呼ばれてるんだよ」

本当に打ち出の小槌みたいでした。
あっちにもこっちにも
仕事を終えた小槌が直立している。

「ねぇ、あれ取ってきて」と
結構険しい場所の小槌を親に取らせる娘。

そして小判を家に持って帰ると言い始めました。
この種、花になるまで7年もかかるそうです。
恐ろしい年月・・・









★「たびねす」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】






★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓クリックしていただけると嬉しいです♪

      にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











by swallow-k | 2015-11-02 07:47 | 北海道 | Comments(0)

b0320746_07221196.jpg
落ち葉拾い


b0320746_07240246.jpg
白樺を見ると北にいることをびんびん感じる。


b0320746_07270934.jpg
「もうオムツじゃないんだよ〜」などと報告することがたくさん。


b0320746_07233189.jpg
コーヒー&かぼちゃのアイス。







洞爺湖は子供の頃飽きるほど来て
「ちょっと遊びに行こう=洞爺湖」
というくらい日常の場所でした。

今こうしてたまに再会すると
「美しい湖だったんだなぁ」って
心がぶるぶるっとします。




北海道に来る1週間前に
千葉の「ホキ美術館」に行きました。
そこで
「これ、実家の辺りの景色だ・・・」と
はっとさせられる、
大きな絵がありました。

青空の下、山が連なる絵。

すぐに「あの辺りから見た景色だ」
とわかるくらい、
懐かしい風景。

その絵を描いた方のプロフィールを見ると
やはり現在この洞爺湖近くに住まわれているとのこと。
すごい方があの町にいる!
北海道から遠く離れた美術館での偶然に
ひとり静かに興奮しておりました。

その絵は
野田弘志先生の「蒼天」という絵。

デジタルアートばかりが溢れている中、
ひさびさに見た
純粋に人の目と手で作られる写実の絵。

「人間ってここまで出来るんだ」という
アナログな技術と
注ぎ込まれただろう莫大な時間に
ただただ、ため息が出るばかりでした。




絵の話になってしまいましたが、
洞爺湖に来たなら必食するのは
レークヒル・ファームのアイスクリーム。
ここの安定したおいしさ、
変わらない洞爺湖の景色と同じように
ずっと続いてくださいと願うばかりです。








★「たびねす」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】






★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓クリックしていただけると嬉しいです♪

      にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











by swallow-k | 2015-11-01 16:44 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_06310019.jpg
1年3ヶ月ぶりに北海道


b0320746_06303225.jpg
寒いけど室内はなんとか半袖で。






結婚式があり
久々に北海道へ帰省。

うちの母と会うのはまだ4度目の娘。
しかし持ち前の人懐っこさ(馴れ馴れしさ?)で
ずっと母の後にひっついて
庭に出て行ったり
犬の世話をしたり。

夜は近くの温泉へ。
北海道はスーパー銭湯より安い価格の
公衆お風呂がたくさんあるんです。
天然の温泉だし、
露天やサウナもある広い施設。

1日目に入りにいき、
シャンプー類をごっそり置いたまま帰り、
2日目に取りにいったついでに
やっぱり入ってきました。

道南へ行かれる方、
豊浦にある「しおさい」という温泉、
気軽に入れて、お手頃です。
洞爺湖温泉のホテルでの日帰り入浴は
やっぱり旅館価格。
ドライブの立ち寄りでスチャっと入るなら
しおさいはちょうど良いですよ。

満天の星空も、
煙突がある家も、
薪ストーブも、
大きな犬といる生活も、
(私に比べると)都会育ちの娘には1つ1つが感動。
ぜんぶ絵本で見てきた世界の
実写版を見ている気分なんでしょうか。

いつか子供1人で
北海道まで来れるようになることを願って。
でもLCCだとアナカンはないんだろうな・・・。




★「たびねす」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】






★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓クリックしていただけると嬉しいです♪

      にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ













by swallow-k | 2015-10-29 11:48 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_16481067.jpg
北海道のお赤飯は「甘納豆」で作るって知ってますか?
餅米に食紅で色をつけて炊き、炊きあがったら甘納豆をまぶして蒸らす。
最後にごま塩をふって食べるのです。
甘納豆でほんのり甘みがついたおこわと、ごま塩のしょっぱさの相反するハーモニー。
誕生日、運動会などのイベントに度々登場する甘いお赤飯、私は(小さい頃から食べ慣れているせいか)好きです。

先日、この北海道のお赤飯を食べたことがないというダンナさんの家族に食べてもらいました。
この日に作ったものは食紅を入れすぎて、蛍光色に近いピンクに・・・
b0320746_16590202.jpg
まっピンク!
旅好きで好奇心旺盛のみんなは、この食欲の出ない色の食べ物に果敢にも挑んでくれました。
しかも気に入ってくれたようで「おいしい!」と言いながらペロリと完食。
食卓ではもはや赤飯とは呼ばれず、「ピンクごはん」と呼ばれていました。
「マレーシアでこんな色の餅、買ってきてホテルで食べたね〜」などと会話しながら、ぱくぱく食べてくれました。

北海道のスーパーのお惣菜コーナーなどでも売ってるので、興味のある方は旅行に行った際に探してみて下さい。
ネットでレシピをアップしている方もたくさんいらっしゃるので、勇気ある方は作ることも可能です〜v( ̄∇ ̄)ニヤッ
かなり簡単に作れますよ♪

これは炊飯器で炊いたのですが、母は蒸し器で作ってました。
その際の着色は、生のもち米を水に浸ける段階で食紅を入れて色をつけていた記憶があります。







→旅するツバメ、ランキングに参加しております
楽しんでいただけたらこちらをクリックしていただけると嬉しいです♪





by swallow-k | 2015-02-20 17:34 | 北海道 | Comments(0)