おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧



b0320746_11264610.jpg

中環のフェリー乗り場にあったグリーンコーラしか買えない自販機




b0320746_11264581.jpg

尖沙咀に着いたら、飲みます。




b0320746_11264308.jpg

お隣のフェリーは旗がついていた




b0320746_11264742.jpg

フェリー乗り場にティボーデが。あなたのCD毎朝聴いてます。








コーラを覚えた5歳の娘。

成田空港のラウンジでもコーラ。
機内でもコーラ。
香港のカフェでもコーラ。
レモンがついていたら
しっかり絞って味わう域。

せっかくの旅行なのに
家のようにダメダメ言うのも
旅の温度を下げてしまうかと思い
しかたなく道中でコーラを飲ませてきたけど、
この小さい子供にコーラを頼む自分もむなしいのは事実。

「英語でコーラはコークだから、自分でたのんでごらん」と
コーラ熱に便乗して
自発力をつけさせてみたり。

機内でも
「え?アップルでもオレンジでもなく、コーラですか?」
って顔をCAに一瞬された気がして、
そうだよねって思ったり。

そんなこんなで
スターフェリーに乗る前に麺を食べて、
スープがおいしくて飲み干したら
喉がカラカラ。

フェリーターミナルでグリーンコーラという
未知の飲み物をみつけたので
買ってみたんだけど、
ほぼ娘が飲んでしまい
私は舐める程度に終わりました。

コーラ熱、
早く冷めてほしい。
カルピスくらいがかわいい年頃なのに。




★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪
 
        にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で香港について紹介させていただいております。

【香港ホテル】 
【香港グルメ】
2層の食感に感動!香港「パイナップルパン」はこのお店で!
【香港テーマパーク】
【香港 in 東京】
【香港観光スポット】
【子連れ香港】















[PR]
by swallow-k | 2017-12-18 21:21 | Hong Kong | Comments(0)
b0320746_11010971.jpg

落ちそうにもないので、高い位置に行くまで押したくなるブランコ



b0320746_11011061.jpg

土日はファミリー、平日はメイドさんと子供で溢れる公園




b0320746_11010859.jpg

貸切状態の競馬場内を自由気ままに使う








朝食を祥興咖啡室で食べたあとは、
お店から歩いてすぐのところにあるプレイグランドへ。
前日も来たけど
娘が気に入ったようでまた遊びにきました。

珍しい遊具でたっぷり遊んだあとは

ここは大好きです。

摩天楼の中にぽっこり穴が空いたように広がる
きれいな人工芝。

午前中に訪れたのは初めてなのですが、
ランニングや体操している人が2、3人いる程度でした。

次女を芝でゴロゴロさせたり、
授乳したり、
走り回ったり。

のびのびとできて
小さい子供がいる方にはオススメです。

夜のハッピーバレーも雰囲気が変わって
これもまたいいですよ。

祥興咖啡室で朝食を食べて
そのまま競馬場を散歩するという動線、
我が家の定番になりそうです。

ハッピーバレー界隈もだいぶわかってきたので
この辺りでホテルをとってもいいかも。



【過去の似たような記事】







★「たびねす」で香港について紹介させていただいております。

【香港ホテル】 
【香港グルメ】
2層の食感に感動!香港「パイナップルパン」はこのお店で!
【香港テーマパーク】
【香港 in 東京】
【香港観光スポット】
【子連れ香港】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ










[PR]
by swallow-k | 2017-12-08 11:11 | Hong Kong | Comments(0)
b0320746_12103062.jpg

前日行ったら売り切れていたので、翌朝に再度パイナップルパンを食べに。




b0320746_12103123.jpg

香港の定番朝食のマカロニもおいしい。




b0320746_12103304.jpg

このパンの並びようが子供にはたまらない。娘はここで食べたいものを決めていた。




b0320746_12103249.jpg

娘が選んだ「紙包蛋糕」というパン。ふわっふわでおいしかったです。



b0320746_12104987.jpg

コーラを覚えた5歳。レモンを入れるとさらにおいしいことも知った。



b0320746_12104860.jpg

朝からトラムでお店までいきました。




b0320746_12104603.jpg

トラムからの景色は飽きない。




b0320746_12103404.jpg

香港は3歳から乗り物有料。人生初のICカードを使いこなす。








パイナップルパン(菠蘿包)
を食べまくる香港滞在。

2日目の午後15時頃、
パイナップルパンがおいしいということで評判の
ハッピーバレー「祥興咖啡室」に行ったら
なんと売り切れ。

しかたなくエッグタルトなどを食べて
肩を落としたまま出て来ました。

でもやっぱり
このお店のパイナップルパンが食べたい!

ということで、
朝ごはんを食べに祥興咖啡室を再訪。
24時間も経っていないうちに
またお店に来るファミリー客です。

さすがに朝の時点ではパイナップルパンがありました。
つやつや光るカリッとしたパン。
香港の方が羨ましくなるおいしさ。

娘はガラスケースに入っていた
「紙包蛋糕」という不思議な形のパンが食べたいと。
パン名の読み方がわからないので
筆談でオーダー。
こういうときに便利な娘のお絵かき帳。

この紙包蛋糕というパンは
蒸しパンよりキメが細かく
紙を剥がすと
テロンと垂れるような柔らかさ。
こちらも美味でした。

パイナップルパン特集を「たびねす」で紹介しておりますので
ぜひご参照ください。↓







★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「たびねす」で香港について紹介させていただいております。

【香港ホテル】 
【香港グルメ】
【香港テーマパーク】
【香港 in 東京】
【香港観光スポット】
【子連れ香港】
















[PR]
by swallow-k | 2017-12-07 10:36 | Hong Kong | Comments(0)

b0320746_12035159.jpg

すごい密集。みなさんの暮らしが気になります。




b0320746_12035291.jpg

四角い空。上から見るとE字型になってるそうです。




b0320746_12035390.jpg

外から見ると湾曲しています。黄色い文具屋の看板が目印。




b0320746_12035032.jpg

マンションのグランドフロアは商業施設。




b0320746_12035416.jpg

トラムで行きました。こんなに長時間トラムに乗ったのは初めて。




b0320746_12035562.jpg

わずか数十円でどこまでも乗れるトラムの旅。









2日目のお昼は香港のお友達と
観塘(Kwun tong)という見知らぬ地で飲茶
はじめましての赤ちゃんが3人もいた再会でした。

そして今回の旅のメインイベント。
それは香港の「モンスターマンション」を訪れること。

そのモンスターマンションとは
MTR太古駅から歩いて徒歩5分くらいのところにある巨大集合住宅。

満島ひかりさんの「ラビリンス」のPVを見て
「わぁ〜これ香港だ。行って見たい!」と
脱ワンパターン香港旅の意もあって
行くことを決意。

地下鉄での行き方については
ネットでたくさんの方が書いていましたが、
あえてトラムで行ってみました。

跑馬地(ハッピーバレー)から筲箕灣行きに乗車。
人でごった返している「銅鑼灣」を縫うように走り、
まだ見慣れた範囲である「天后」を過ぎたあとは
未開の地。

だんだん人も少なくなって来て、
日も暮れ、
街灯も激減、
景色が暗くなっていく・・・。

どこを走っているのかほぼわからない。
トラムは停車駅の案内もないし。
大丈夫かな?

必死で地下鉄の入り口を車窓から探しました。

すると右側に「鰂魚涌駅」の入り口が!

この次が「太古駅」なので
モンスターはこの辺・・・
と思ったときには右側に
巨大で湾曲した白壁。

これだ!
写真で見た文具屋の黄色い看板もある!

トラムだと地下鉄駅よりもっとモンスターに近い場所で降りられます。

トラムが走っている大きな道路側を
ビルに沿って歩いていると
入り口が。

グーグルマップで見るとわかりやすいのですが、
「福昌楼」「海景樓」「海山樓」「益昌樓」「益發大厦」
という5つの集合住宅がさらに集合してE字型に並んでます。

その「E」の隙間に入り込むと
圧迫感たっぷり、
窓に囲まれた景色になるのです。

入るとやはり撮影に来ている方が数名いました。
ゴミ置場?の小さい屋根に上って
写真を撮るのが定番のようです。

家に明かりが灯る時間を狙ったのですが、
みなさん外出中か
ぜんぜん光がなく中途半端に記念撮影。
そして雨まで降ってきた・・・。

今度は明るい時間に行ってみたいです。

トラムは結構時間がかかります。
30分くらいかかったでしょうか?

帰りは地下鉄でピューっと帰って来ました。

地下鉄は無駄のない便利さ。
しかし
景色を見渡せる木製シートのトラムにいる時間は
心揺さぶるものがあります。



















★「たびねす」で香港について紹介させていただいております。

【香港ホテル】 
【香港グルメ】
【香港テーマパーク】
【香港 in 東京】
【香港観光スポット】
【子連れ香港】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ










[PR]
by swallow-k | 2017-12-06 11:57 | Hong Kong | Comments(0)
b0320746_11182585.jpg

がんばって噴水の内側に入っていた親子がいたけど、びしょびしょだった。





b0320746_11182106.jpg

階段アート、急増中。





b0320746_11182269.jpg

プレイグランドがかなり充実。




b0320746_11182472.jpg

山を削って作った感たっぷり。親は息が切れます。




b0320746_11182048.jpg

砂場にあったショベルカー。大人気で触れることもできず・・・








九龍公園、ヴィクトリアパークと
香港巨大公園は何度か行きましたが、
「香港公園」って行ったことないなぁ・・・
どこにあるのかも定かではない・・・

と言うことで
今回行ってみました。

地下鉄:金鐘(アドミラリティー)駅から
直結しているモール「パシフィックプレイス」へ。
香港公園への矢印通りに
エスカレーターをぐんぐん登っていき
突然屋外になったかと思うと
目の前が香港公園。

パシフィックプレイスの
高級ブランドが並ぶ非日常感たっぷりのなかを歩いていると
公園への道も疑わしくなってしまいますが、
ちゃんとつながっています。

公園は摩天楼に囲まれた
まさに都会のオアシス。
風水ビルとして有名な中国銀行ビルも
間近で仰げます。

山を削ってできたような公園なので
アップダウンがかなり激しいです。

パシフィックプレイスとは
反対側(ピークトラムの乗り場の方)に
立派なプレイグランドが。

子供がちょっと遊びたくなったら
駅からほぼ直結のこの公園は
押さえておくと重宝しそうです。

パシフィックプレイス内には
キレイな授乳室も。

ただ香港独特の
オムツ替えベッドと授乳室が1部屋に詰め込まれた個室なので
のんびり授乳していると
オムツ替えだけしたい方に
がんがんノックされるかも・・・。

ミルク派が多い香港は
ほんとに授乳室が少ないので
ケープ必須です。








★「たびねす」で香港について紹介させていただいております。

【香港ホテル】 
【香港グルメ】
【香港テーマパーク】
【香港 in 東京】
【香港観光スポット】
【子連れ香港】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ










[PR]
by swallow-k | 2017-12-05 11:10 | Hong Kong | Comments(0)
b0320746_21381249.jpg

キンキンに冷えたコーヒー。



b0320746_21381434.jpg

ジュガートースト。



b0320746_21390287.jpg

厚切りバターがサンドされたパイナッポーパン。




b0320746_21381017.jpg

奥にある昔ながらのベンチ席でたっぷりいただきました。




b0320746_21380815.jpg

通い詰めていろんな味を試したくなるメニュー。




b0320746_21380626.jpg

シンプルなネオンに多くの人が集まる。




b0320746_21380408.jpg

他のお店にも惹かれるハイストリート。








ネットで調べて気になっていた「十字冰室」。

なぜに「十字」?

「十字牌(Trappist Dairy)」という
香港の修道院の酪農施設から始まった牛乳メーカーのものを
使っているから
十字冰室なんだそうです。

なるほど。

酪農できるほどの土地が
香港にもあった(今もある?)んですね。

今回はパイナップルパンを食べ比べしようとおもい
ここでもパイナップルパンをオーダー。
小ぶりでかなり軽い食感のものでした。

店内はモダンな冰室仕立て。
牛乳ケースを引き出しに使ったり、
昔ながらの手書きメニューが壁にかかっていたり。

この意図的に
レトロな冰室を今風に再現したお店が
香港ですごく増えてきたと思います。

トラムに乗っていても
ここにもそこにも
モダンな冰室を見つけられる。

前回来た時はこんなになかったなぁと。

十字冰室のおしゃれな店内を
キョロキョロしていたら、
頼んだメニューのほとんどを
娘が平らげてしまった・・・。

現在、
食欲旺盛の私はかなりお腹がペコペコ。














★「たびねす」で香港について紹介させていただいております。

【香港ホテル】 
【香港グルメ】
【香港テーマパーク】
【香港 in 東京】
【香港観光スポット】
【子連れ香港】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ










[PR]
by swallow-k | 2017-12-04 10:56 | Hong Kong | Comments(0)