人気ブログランキング |

おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0320746_06403804.jpg


夜明けのプール。海と繋がっているように見える。




b0320746_06403872.jpg

目を覚まし始めたプール。




b0320746_06403969.jpg

海が見渡せる部屋が印象的だったグアム・リーフ・ホテル。








最近グアムについての記事を書きました。
グアムの基本情報と
子連れグアムのおすすめポイント。

リピーターの方には初歩的すぎるかもしれませんが、
初めてグアムの方は一読いただけると幸いです。



グアムはアメリカの準州ですが準州ってどういう立場?
グアムは車で一周するとどのくらいかかる?
なんてことを書いてます↑



子供の年齢別おすすめホテルなどについて書いてます↑



こちらは以前書いたものですが日々たくさんの方に読んでいただいて
嬉しいかぎりです。
大きめ1歳児で席を取るか悩んだらビジネスクラスは?
なんてことを書いてます↑



さてさて秋休みももうすぐ。
エアーとホテルを予約して放置気味の旅行プラン。
もっと肉付けしていかないとだめですね。

子供たちよ、風邪をひくなら今のうちに!




★「旅するツバメ」ランキングに参加しています。
  楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ


   ★「LINEトラベルjp」でグアムについて紹介させていただいております。
【グアム基本】

by swallow-k | 2018-09-23 05:40 | Guam | Comments(2)
b0320746_13064707.jpg

北海道の乾いた空気は夏の西日を輝かせる




b0320746_13064846.jpg

一瞬の夏、儚い盛り








庭でジンギスカンをしたり、
花火をしたり、
北海道の涼しい夜を味わいました。

実家がある場所はとても星がきれい。
10キロ離れた市街地に行くと
もう星はそんなに見えません。
星ってデリケートですね。

子供の頃は毎日見ていた星空ですが、
大人になってみると本当に感動的。

無数の穴の空いた大きな暗幕を
地球全体にすっぽり被せたみたいです。

じっと見ていると
頻繁に流れ星も現れます。




子供たちが寝静まったあと、
実家にあった星野道夫さんの本を読むことが
毎晩の楽しみでした。

星空くらいしかない田舎の夜にはぴったりの本。

わかりやすい言葉を選びつつも
その奥にあるのは壮大な思想。

詩のような美しい言葉から
優しい人だったんだろうなと
星野さんの人柄がうかがえます。

大自然の中の生命の脆さについての話が
印象的でした。

もちろん星野さん自身、
埋もれそうな自然の中にポツンと身を置いた時の
人間の生命の脆さも強く理解していたはず。

若くしてその摂理をわかりすぎてしまうと
生きる辛さというのも湧いてくると思います。

星野さんは少しも辛くは感じなかったのかな?

失礼ながら
星野さんといえば写真家のイメージしかありませんでしたが、
抜群に文章がすばらしいです。

海外のいろんな場所を旅することが好きな人は
おそらく気に入る本だと思います。
機内のお供におすすめです。


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】

#北海道 #星空 #流れ星 #星野道夫 #旅をする木 #星野道夫とみた風景 #僕の出会ったアラスカ #アラスカ #森と氷河と鯨 #長い旅の途中















by swallow-k | 2018-09-06 22:26 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_11512057.jpg

この度はかぼちゃ&クッキークリームで。




b0320746_11512001.jpg

羊蹄山を眺めながら食べる贅沢さ。




b0320746_11511967.jpg

糖分摂って、パワー全快な人々。




b0320746_11511912.jpg

どこまでも歩いて行く人。




b0320746_11512159.jpg

あっという間に秋がやってきそうな空気です。








娘がとっても楽しみにしているアイス屋さん
やっぱりここのジェラートに並ぶものはないと
私は思っています。

1歳3ヶ月の娘もかぼちゃアイスを食べまくり。
長女のアイスを主人がちょっと味見すると
「あー!食べ過ぎ!食べないでよっ!」
と怒りの本気度がすごい・・・。

そのくらいおいしいんですね。

このアイス屋さんに来たくなるもう1つの理由は
羊蹄山が目の前にあること!
絶景です。

長女は「あ!富士山がある!」と叫んでました。
おしい!
ご存知の方も多いと思いますが、
羊蹄山の別名は蝦夷富士ですね。

自然が作り出した形ほど
美しいものはないと
つくづく思います。















★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「トラベル・ジェイピー」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】










#洞爺湖 #レークヒルファーム #アイスクリーム #おいしい #北海道 #子連れ北海道 #子連れ旅行 #子供と #赤ちゃんと #ジェラート #羊蹄山 #北海道らしい






by swallow-k | 2018-09-05 12:09 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_21321107.jpg

ミシュランのビブグルマンを獲得した醤油黒ラーメン



b0320746_21321109.jpg

縮れ具合がたまらない。スープもあっさり醤油でぐいぐい飲める。




b0320746_21321255.jpg

叔父の神社に遊びに行ったり



b0320746_21321093.jpg

お久しぶりの洞爺湖にご挨拶したり。貴重な晴れ間を満喫です。







ミシュランの星からは外れるものの、
安くておすすめできるというお店に与えられるビブグルマンの称号。
それを獲得したラーメン屋「一本亭」へ行きました。

おいしいうえに小上がりもあって、
ファミリーには嬉しいラーメン屋。
洞爺湖周辺でおいしいラーメンを・・・
というのであればぜひ一本亭へ行ってみてください。

そしてその際は
温泉味玉子のトッピングを忘れずに!
やわらかい味玉子は
ラーメンのおいしさをいっそう引き立ててくれます。

5歳の娘もほぼ1杯食べちゃいそうな確かな味。

訪れた日はちょうど洞爺湖トライアスロンの前日で
お店はチャリダーで溢れていました。

食後は湖畔でのんびり。

子供の頃は見慣れすぎて何とも思わなかったけれど、
やはり洞爺湖は美しい。

静かな波紋の中心に浮かぶ中島の輪郭、
青く深くただ佇む湖水、
ずっと見ていられる完璧なカルデラ湖です。



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「トラベル・ジェイピー」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】

#洞爺湖 #一本亭 #ラーメン #おいしい #北海道 #子連れ北海道 #子連れ旅行 #ミシュラン #ビブグルマン #子供と #赤ちゃんと















by swallow-k | 2018-09-04 21:56 | 北海道 | Comments(0)
b0320746_05475076.jpg

庭のブルーベリーや花を摘んでおままごと。




b0320746_05475197.jpg

勝手に物置から使えそうなものを持ってくる自由な5歳。




b0320746_05475240.jpg

2年分の薪。夏から乾かして冬に燃えやすくしておきます。




b0320746_05475277.jpg

私が毎日遊んでいた場所で、2人が遊んでいる。







「どこか行きたいところある?」と聞いても
「ばぁばの家のまわりで遊びたい」という娘。
子供は観光よりも
やっぱりどろんこ遊びがいいみたい。

私も子供の頃は
この庭で泥水被って遊んでました。
娯楽がない田舎だから
毎日どろんこ遊びや虫取り、
そして冬は雪遊び。

そんなスローライフで子供期を過ごした私には
2人の娘が超都会っ子に見えます。
小さい体で慌ただしい毎日をよくこなしているなぁと
思ってしまうくらい。

長女は
冬の時期に北海道に来たいと切望中。

雪は見たことがあっても
つららはまだ見たことのない彼女。
中川李枝子さんの「なぞなぞえほん」に出てきて
つららの存在を知ったばかり。

まだまだ知らないことが溢れている5歳の世界を歩む日々です。












★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「トラベル・ジェイピー」で北海道について紹介させていただいております。
 
 【北海道のホテル】 

 【北海道のグルメ】

 【北海道の観光地】

















by swallow-k | 2018-09-02 23:27 | 北海道 | Comments(0)