人気ブログランキング |

おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0320746_06451119.jpg

かわいいペイント。管理駅だそうです。



b0320746_06470976.jpg

船を形どった公園も。石でできた緩やかな滑り台が子供に好評。



b0320746_06423814.jpg

長い長い



b0320746_06433970.jpg

みんなに急かされて食べる娘。




b0320746_06442855.jpg

水辺に似合うスタバの建物。




b0320746_06420266.jpg


店の上の暮らしってどんなかんじだろう?








今回は淡水にも行ってみました。
台北駅から40分くらい電車で行ける場所。

駅から降りた河岸は
工事の最終段階といったところでしょうか?
タイルを敷いたり、
まだ貧弱な植物を植えたりして
美しい広場に変わろうとしていました。

河自体は大きすぎて
ほとんど海のようなものです。

朝10時頃に着いたけれど
河岸側のお店のほとんどが開いていない。

ここはやはり
サンセット目当てで人が集まるのでしょうかね?

長女が切望していた長いソフトクリーム。
営業しているお店を
なんとか見つけられました。

ここまで長いと
やはり食べにくさ満点。

外野のみんなに
こっち側食べろだの
ここが垂れているだの
妹にもあげてだの
いろいろ言われながら貪る娘。

食べた気しなかっただろうな(笑)

往路は河沿いを歩きながら
観潮公園まで行って
復路は店がたくさん並ぶ老街通ることに。

もっと河口の方まで歩けるのですが、
きりがなさそうなので
今回はこのくらいで。

ところでみなさん、
たまーにオンエアがあるNHKの「チョイ住み」見てますか?
この淡水が出てましたね!
私もあれをみてちょっと行ってみたいと思い、
今回足を伸ばした次第です。


更新を通知する



【この記事のバックナンバー】
子連れ台湾・九份の旅① 〜3世代旅行でランタンあげるぞツアー〜
子連れ台湾・九份の旅② 〜コートヤード台北・マリオット〜
子連れ台湾・九份の旅③ 〜区間車で十份へ向かう〜
・子連れ台湾・九份の旅④ 〜すごくレトロな平渓線〜
子連れ台湾・九份の旅⑤ 〜いよいよランタン上げるぞ!〜
子連れ台湾・九份の旅⑥ 〜十份はこんな町〜
子連れ台湾・九份の旅⑦ 〜九份・ノスタルジックな阿妹茶酒館〜
子連れ台湾・九份の旅⑧ 〜九份ってこんな街〜
子連れ台湾・九份の旅⑨  〜安定の「丸林魯肉飯」へ〜
子連れ台湾・九份の旅⑩ 〜「阜杭豆漿」のおいしさに唸る朝〜


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ





★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】




 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】












by swallow-k | 2019-05-28 07:01 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06291087.jpg

初「阜杭豆漿」。これは確かなおいしさ!



b0320746_06283702.jpg

写真付きメニューがあるから頼みやすい。




台北の人気朝ごはん「豆漿」。
あったかい無調整の豆乳に
いろいろ混ぜて食べる
しょっぱい豆乳…と言ったらいいのでしょうか?

食べるまで実態がわからないようなものですが
台湾の代表的なグルメです。

他のお店で食べた時は
「ふーん」という感じでしたが、
誰もが口コミで絶賛している「阜杭豆漿」へ。

ここの豆漿は別物です。

みながこぞって頼むのは鹹豆漿。
プレーンな豆乳に
干しエビや揚げパンパクチーなどを混ぜて食べる。
絶妙な具材のおかげで
豆乳っぽさがなくなる。
どちらかというと
ゆるい豆腐っぽい感じ。

これいいです!

新たなる食の広がりを発見した気分。

ただ娘たちには
まだこのおいしさがわからない様子。

場所は善導寺駅の目の前にある崋山市場。
そのフードコートにあるのですが、
朝は阜杭豆漿しかオープンしていません。
よってフードコートの席はすべて阜杭豆漿を食べる人の席。

行列必須と誰もが言うので
覚悟していましたが
案外そうでもない。
スムーズな運びで列が進みます。

また行きたい阜杭豆漿。
バタバタと食べてしまったので
次はもっと味わって食べたい。



【この記事のバックナンバー】
子連れ台湾・九份の旅① 〜3世代旅行でランタンあげるぞツアー〜
子連れ台湾・九份の旅② 〜コートヤード台北・マリオット〜
子連れ台湾・九份の旅③ 〜区間車で十份へ向かう〜
・子連れ台湾・九份の旅④ 〜すごくレトロな平渓線〜
子連れ台湾・九份の旅⑤ 〜いよいよランタン上げるぞ!〜
子連れ台湾・九份の旅⑥ 〜十份はこんな町〜
子連れ台湾・九份の旅⑦ 〜九份・ノスタルジックな阿妹茶酒館〜
子連れ台湾・九份の旅⑧ 〜九份ってこんな街〜
子連れ台湾・九份の旅⑨  〜安定の「丸林魯肉飯」へ〜







★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ





★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】




 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


更新を通知する






by swallow-k | 2019-05-26 07:01 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_07084790.jpg

早めに駅に戻ってしまった。



b0320746_07091545.jpg

夕飯はお気に入りの「丸林魯肉飯」へ。




b0320746_07094507.jpg

いろんなおかず並ぶ、理想の食卓。








九份は2時間くらいでざーっと見れるサイズの街。
日本で18時台の特急・普悠瑪を予約していながらも、
かなり早く瑞芳駅に戻って来てしまった私たち。

ダメ元で窓口の駅員さんに電車を早められないか確認したら
「決済したクレカが必要」とのこと。
そのクレカはホテルの金庫の中。
がーん。

どこで時間潰そうかなと考えていたら
「あ、変更できるかも?!」と
引き続き調べてくれていた女性の駅員さんが言い、
新しく席を取り直してくれました。

助かった〜!
多謝!

おかげで
来た普悠瑪にギリギリ飛び乗って
さーっとホテルへ戻ることができました。

台湾は鉄道料金が安く、
瑞芳ー南港間でTWD35。
なんと150円もしないのです!

ホテルで一旦休んだ後は
台湾に来るたび通う「丸林魯肉飯」へ。
野菜をしっかり食べられるメニューが多いので
このお店は重宝します。

自助式(半セルフ)のお店で
指差しでおかずを選べます。

丸林魯肉飯でのおすすめは
・はまぐりのスープ
・排骨
・セロリの炒め物
・トマトと卵の炒め物

はまぐりスープとトマトと卵の炒め物は
以前、家で真似して作ってみたのですが
ぜんぜん丸林の味は再現できず。

台湾料理を学びに留学したい…






★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】




 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】




#台湾 #台鉄 #普悠瑪 #台湾グルメ #台湾旅行 #子連れ台湾 #九份 #丸林魯肉飯






by swallow-k | 2019-05-12 07:01 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_13420046.jpg

5月7日に発売された雑誌『CHANTO』。
その中の特集「アジア親子旅」で
おすすめスポットを紹介させていただいております。
我が家の旅行風景(?)をまじえて
2ページに渡り載せていただきました。

長女はニヤニヤしながら
できあがった雑誌を
主人に読んでもらっていました。

今月号は家族旅行の内容がぎゅっと詰まっていて
私自身も「へぇ〜、こんなところがあるんだ!」と思いながら
楽しく読ませていただいている途中です。

ついでにアジア料理のレシピもついているところも
とっても嬉しい!

ご機会があればぜひ読んでみてください。



★「LINEトラベル.jp」で旅行記事を書かせていただいております。
  http://guide.travel.co.jp/navigtr/375/  




★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

by swallow-k | 2019-05-09 13:47 | トラベル本 | Comments(0)