人気ブログランキング |

おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:リサとガスパール ( 4 ) タグの人気記事



b0320746_16385534.jpg
しゅっとした東京タワーを見ながら・・・


b0320746_16391017.jpg
黄金色のドイツビールを。


b0320746_16390060.jpg
芝公園内もおさんぽ


b0320746_16384913.jpg
お昼寝のあとのおやつ。








夏の楽しみ、
オクトーバーフェストへ。
東京タワーを仰ぎながら
冷えたたっぷりのビールを頂きました。

芝公園会場はコンパクトなので、
ビールを買いに行くのがラクです。

サンドイッチを作って行ったけど、
持ち込みが禁止だったので
会場を出た後に
芝公園でミニ・ピクニックしました。

その後は銀座へ。
前回食べられなかった
リサとガスパールのプリンアラモードを。
プリンが入っていたカップを持って帰れました♪










★「たびねす」で旅行記事を書かせていただいております。
  http://guide.travel.co.jp/navigtr/375/  




★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

      にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

by swallow-k | 2015-08-31 07:58 | 東京 | Comments(2)
b0320746_06485414.jpg
エッフェル塔よりのっぽのクリーム?!


b0320746_06484053.jpg
ベーコン・ソーセージ・ポテトの最高な組み合わせのオムレツ。


b0320746_06482889.jpg
でもやっぱりガスパールにはエッフェル塔がお似合い。








リサとガスパール展に合わせて行われていた
「モールアート」のワークショップに参加してみました。
リサかガスパールのどちらか1人を作れるとのこと。
娘チョイスはガスパール。

モールだけで作るのですが、
子供には難しいのでだんなさんが作りました。
・・・が、
作ってる途中でどんどんバランスが変に。
見かねた先生が顔部分をやってくれました。

そしてできたガスパールは
なんだか体がほそっこい(^^;
でも娘は嬉しそうだったのでよしとします。

お昼はエッグスンシングスの銀座店へ。
ここ、今のところそんなに並ばないから穴場です(^-^)
客層も落ち着いた雰囲気、
そして席もゆったり目なので
なんとなく居心地がいいんです。

もっと涼しくなれば、
テラス席が最高かも!
中央通りを見下ろすテラスなので、
ホコ天の日などには街行く人を見ながら
ゆっくりランチするのもステキそうです♪








★「たびねす」で旅行記事を書かせていただいております。
  http://guide.travel.co.jp/navigtr/375/  




★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

      にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

by swallow-k | 2015-08-17 07:07 | 東京 | Comments(0)

リサとガスパール展 kawaii

b0320746_06500479.jpg
東京駅のリサとガスパール


b0320746_06494442.jpg
パリを案内するリサとガスパール


b0320746_06502301.jpg
かわいいカフェ・メニュー


b0320746_06504365.jpg
展覧会の中は撮影禁止ですが、松屋のあちこちに撮影ポイントが。


b0320746_06490703.jpg
朝早くから行って15:00までいた、松屋での長い1日でした。









この夏休みのお楽しみの1つ、
「リサとガスパール展」に行ってきました。

リサとガスパールは
単にパンのおまけのキャラじゃないんです。

絵本を読むとその魅力がより明確になってきます。
大人が忘れかけている子供目線の日常生活、
そしてそこから生まれるフィロソフィー・・・
これらが何とも心にぐっとくるのです。

退屈さの中で子供が見つける「遊び」。
大人にとっては「余計なこと」とめんどくさがれる
いたずらだったり、
行儀の悪さだったりするのですが、
子供には全て刺激的な大冒険なんですね。

その大人では見落とす視点を
ばっちり捉えて描かれているから
子供も夢中で読みたがる。
「絵本は大人のためのものでもある」というのは
ごもっともなんですが、
哲学的すぎる絵本ってやっぱり子供は飽きる。
壮大すぎる絵本もやっぱり子供は想像しきれなくなる。

親しみのある「隅っこ」のお話が、子供は大好きです。
(うちだけかもしれませんが)

絵を描いているご主人のゲオルグさんの
「大切なのはどの色が好きとかではなく、
色の組み合わせ」
とおっしゃっていたこと、
すごくわかります。

カラフルなんだけど
まとまりのある色使いが
リサとガスパールの可愛らしいパリ生活を
より魅力的に仕立ててます。
憧憬が溢れる生活。

「やっぱり絵本を全冊そろえたい」と
思うような展覧会でした。











★「たびねす」で旅行記事を書かせていただいております。
  http://guide.travel.co.jp/navigtr/375/  




★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

      にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ

by swallow-k | 2015-08-15 07:41 | 東京 | Comments(0)

機内で読むおすすめ絵本

b0320746_15453363.jpg
プチ・パリジェンヌの機内でのあるある









子供が飛行機を楽しみにするかも!
という絵本をご紹介。

フランスの絵本「リサとガスパール」シリーズにある
「リサひこうきにのる」です。

小学校低学年くらいのリサが
パリから1人でニューヨークのおじさんを訪ねに行くまでの
機内でのお話。

1人で席に着いたときのソワソワした様子、
どれから手をつけようか迷う機内食のラインナップ、
そしてジュースをこぼすという大失態・・・などなど
機内でよくある実体験にマッチする内容です。

失礼ながらこのキャラクター、
特にカワイイという印象もなく
「パンの景品としてよくみるウサギ」程度にしか
思っていませんでした。

しかし、
パリを背景にしたストーリーがついてきて
チャーミングなセリフも出てくると
なかなかいいんです!

とにかく「パリの住人」っていう設定が
大人の私も一番興味を注がれたところ。

子供1人で飛行機に乗せる、
おじいちゃんがおやつを手作りしてくれる、
出かけるところが実際にあるパリの名所・・・

パリジェンヌの生活を垣間みている気分になれます。

リサの絵本にハマった娘は
DVDにもどっぷりハマり、
「パリにいきたーい」
と口にするようになりました。

東京タワーを見ては
エッフェル塔と勘違いして
「あ!あれパリじゃない?!」と大興奮したり。

パリはまた行きたい場所なのですが、
ちょっと子供には長いフライトになるのと
子供に気を取られているうちにスリに合いそうで怖い(^^;

ちなみにこのリサ、
犬でもウサギでもない架空の動物。
でも普通に人間の学校に通ってるんだそうです。

某携帯電話会社の犬のような設定です(笑)






★「たびねす」で旅行記事を書かせていただいております。
  http://guide.travel.co.jp/navigtr/375/  




★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

      にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ







by swallow-k | 2015-07-14 16:39 | トラベルグッズ | Comments(0)