おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:台湾グルメ ( 15 ) タグの人気記事

b0320746_05501719.jpg

ふわふわサメ団子。何度食べてもおいしい、ここだけの味。




b0320746_05504114.jpg

汁なし麺にさっとタレをかけた乾麺。ペヤング方式ってことです。




b0320746_05512890.jpg

茹でたレタスにタレだけ。帰国後、ネギ油と醤油でまねてみたら結構おいしかった。



b0320746_05500624.jpg

開店直後の店。お椀の並び、ステンレスの輝きがすばらしい。



b0320746_05521341.jpg

今回もたらふくいただきました。








ホテルから迪化街は歩いてすぐ。
つまり朝食に困ることはなし!

朝イチで家族みんな大好きな
佳興魚丸店」へ。

このブログでも幾度も紹介した
佳興魚丸店のサメ団子、
ほんとに絶品です。

白い部分がサメのすり身なんですが、
ふわっふわ。
はんぺんとかともまた違う、
ここでしか食べられない食感。

メリハリをつけるかのように
中には味付けした豚肉の団子が。

乾麺はソフト麺のような
柔らかな麺に
葱油が香る甘辛ソースを
絡ませて食べます。
まさにペヤング方式!

薬味がセロリなんですが、
このセロリがとっても合う!
セロリがあるかないかで
味全体がだいぶ変わると思います。

食べ終わった後、
長女に
「あの白いのはサメのお肉なんだよー」
と言ったら
「えっ!サメは食べたくなかったなぁ」
だって。

根っからの食わず嫌いなので、
食べものの正体は事後報告。

味だけではなく、
ここの店の人たちの働きぶりが
いつも印象的です。

厨房が丸見えのつくりなのですが、
眩しいくらいにピッカピカ!
ずっと使っているだろう食器も
きれい洗って整頓されている。

おいしい店は
調理場も見事です。


2015年↓
2016年↓








 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉑ 〜永康街の永康公園に少し変化が〜
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉒ 〜大安森林公園にゴージャスな砂場が〜


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #おいしい #子連れ台湾 #朝食 #迪化街 #サメ団子 #赤ちゃん連れ #子連れ海外 #台北 #佳興魚丸店


by swallow-k | 2018-11-24 07:01 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06110509.jpg

不屈のおいしいさ、天津葱抓餅。




b0320746_06103844.jpg

永康公園に健康器具が登場。



b0320746_06071050.jpg

こんなマガジンラックのようなものも登場。




b0320746_06222119.jpg

小さい三角公園だけど、すべり台もある。







永康街で天津葱抓餅を購入。
やっぱりここの葱餅は最高です。

葱餅を買って食べるのは
永康街の奥にある三角公園。
小さいけれどちょうどよい休息場。

小雨や暑さがしのげるように
木陰にベンチがあり、
子供が遊べる遊具がちょこっとある公園。

台湾の食べ歩きスナック「小吃」を買って
ここに持ってきて頬張る・・・
絶好の動線ですね。
公園の近くには
ジューススタンドの「50嵐」も「Coco都可」もあるし。

で、食べた後のゴミが散乱しているかというと
そうではない。
年季が入っていてもきれいな公園です。

なんとこの公園、
台湾で初めて地元の人々が資金を出しあって作られたという
心温まるバックグランドも含む場所。

どおりで居心地がいいはず!

前回はなかったマガジンラック?と
健康器具が増えてました。

台湾の公園は常にアップデートされてます。

ごっそり改修というわけでもなく、
訪れるたび
ちょっとずつ何かが変わっている。

それだけ公園へ気がまわっているんでしょうね。

台湾の公園愛にはいつも感心させられます。

毎日何年も変わらない公園へ通う
今の自分には羨ましい状況。
日本の公園にゴミ箱ぐらいあればなぁ・・・。


 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #台湾公園 #子連れ台湾 #おいしい #永康街 #天津葱抓餅 #グルメ #子連れ海外 #台北 #永楽公園


by swallow-k | 2018-11-22 07:07 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_05492996.jpg

お刺身のような肉にスープをさっとかけて・・・・




b0320746_05500136.jpg

ほんのり赤みが残るくらいで食べる。



b0320746_05484309.jpg

麺なしのスープタイプも美味。




b0320746_05503980.jpg

駅近の東門市場。永康街に近いところも嬉しい。







台南で食べたような牛肉湯が食べたいと思って
調べていたら、ありました!
東門市場の「御牛殿」。
なんと精肉屋さんです。

店頭で肉を売っているのですが、
中へ進むとそこは食堂。

「刺身牛肉麺」というのがイチオシらしく、
麺とフレッシュなビーフがのったどんぶりを
テーブルに運んでくると、
そこに熱々のスープをかけてくれます。

みるみると肉に熱が通り、
ほんのり赤みが残る程度で
食べるのですが
お肉がやわらか。

お肉は5種類(ロース、ヒレなど)から、
スープは2種類(塩と醤油)から選べます。

塩味のスープは
かなりあっさり。
付け合わせのローズソルトや豆板醤をつけて
味の変化を楽しむにはぴったり。

牛肉湯(スープと肉だけ)は
醤油味にしてみたのですが、
こちらは醤油といえども
やさしい野菜だしのベースに
台湾らしい八角などのスパイスが効いていて
濃厚だけどゴクゴク飲みたくなるような味でした。

麺はソフト麺のような
柔らかい麺。

子供たちも
肉と麺を堪能していました。

 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #御牛殿 #子連れ台湾 #おいしい #刺身牛肉麺 #牛肉麺 #グルメ #子連れ海外 #台北



by swallow-k | 2018-11-21 07:03 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06130919.jpg

手羽中とハマグリのスープがよかった!次回からは必食



b0320746_06130976.jpg

朝からガツガツ魯肉飯。やっぱりここのが1番好き。




b0320746_06130895.jpg

よく食べるのはいいけど、がっつきすぎ。




b0320746_06130816.jpg

食べたら動きたい人。



b0320746_06130769.jpg

中正紀念堂のエサ自販機が新しくなっていた。前の方が好きだったなぁ。








台北にきたら
我が家の必食のグルメ
朝ごはんにはぴったりの場所。

魯肉飯と青菜(空芯菜)は必ずオーダーするのだけど
今回「蛤蜊鶏」という
手羽中とハマグリのスープを頼んでみました。

これが大当たり!
手羽中がしっとり柔らかくて
1歳の娘も止まらない。

スープはあっさりとして
生姜が入っているのですが
それほどピリピリしておらず。
魯肉飯とセットで食べるには
相性がいいです。

このスープは今後も毎度頼むと思います。

食後は中正紀念堂へ。

金峰魯肉飯→中正紀念堂の
お決まりコースが大好きです。




 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #金峰魯肉飯 #子連れ台湾 #おいしい #魯肉飯 #中正紀念堂 #グルメ #子連れ海外


by swallow-k | 2018-11-18 07:05 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_05573035.jpg

豆花荘の豆花。長女の好きな白玉とタピオカ、私の好きな花生をトッピング。




b0320746_05573074.jpg

もち米に漬物、肉でんぷ、卵、揚げパンをのっけて・・・



b0320746_05572975.jpg

ぐるっと巻く「飯團」。これは本当においしい!




b0320746_05573142.jpg

前の旅行で無料と知り、ここを通るときには乗らずにはいられない。







台北のホテルは
シティースイーツホテル台北南西という
寧夏路夜市に近いホテルにしました。

夜市がホテルから近いと、
食べ物をいろいろ買って部屋で食べられたり、
夕食後の半端な時間に遊んで帰れたり、
なにかと便利です。

まずは豆花荘で黄金シロップの豆花を食べ、
近くのお店で台湾風おにぎり・飯團を買うことに。

お店のおばさんに中国語で何か聞かれたけど
わからずにいたら、
先に飯團をオーダーしていた男性が
「辛くするか聞いてます」と
綺麗な日本語で教えてくれました。

40歳前後のサラリーマンっぽい方でしたが
なんでもないように日本語が話せる・・・
台湾でこういうシーンによく遭遇するけれど
その度すごいなぁと感心してます。

そういえば宜蘭では
日本人に1人も会いませんでした。
そして日本語はぜんぜん通じず、
英語もほとんど通じず。
久々に海外旅行のドキドキ感があり
なんだか初心に戻った気分を味わえました。

台北に戻るとかなり言葉が通じるうえ、
宜蘭よりも物価が高いことに気づきます。
バスで1時間くらい離れただけで
だいぶ違うんですね。

台北は都会だなぁ。

 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #寧夏路夜市 #子連れ台湾 #おいしい #豆花 #飯團 #グルメ #子連れ海外


by swallow-k | 2018-11-16 07:03 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06181768.jpg

揚げた葱餅。卵入りでフワフワ。




b0320746_06181747.jpg

紙だから持つと熱いんだけど、この紙袋文化はたまらなく好き。




b0320746_06181865.jpg

たくさん人が並んでいるから、遠目でもお店がわかる。





b0320746_06181831.jpg

足湯ラーメンというのも見ました。










礁溪温泉の美食めぐり。

三星葱を使った料理を食べたくて
「柯氏葱油餅」へ。

やはりここの葱餅も油でしっかり揚げたものでした。
台北の「天津葱抓餅」が私の中で
基準値となる「葱餅」だったのですが、
よーく見ると
「油」と「抓」でちょっと違う!

油は揚げたものか・・・
確かに天津葱抓餅はフライ返して
引っかくようにして焼いていたなぁ。

とにかく柯氏葱油餅、
表面はサクサク、中はふんわり。
卵入りだとかなりボリューミーな食感。

葱風呂のあとに
葱油餅で
葱づくし!

葱風呂で飲んだビールとともに
いただきたかったなぁ・・・


[関連記事]






★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ





★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】














by swallow-k | 2018-11-10 06:33 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06174008.jpg

羅東の葱餅はネギを包んで揚げるタイプ




b0320746_06193771.jpg

葱餡ぎっしりです



b0320746_06173915.jpg

マッチョなお兄さんが焼いてくれているのは・・・



b0320746_07001322.jpg

やさしい味のパンケーキ。娘2人が争うように食べていました。




b0320746_06173977.jpg


具材をカゴに入れて渡すと焼いてくれます。



b0320746_06173775.jpg

ネギ巻きが美味!名物の三星葱を食べ尽くす夜市ディナー








宜蘭エリアで夜市といえば「羅東夜市」。
17時頃から中山公園周辺で
繰り広げられる夜市です。
(ちなみに台湾各地で町の中心となる公園は
「中山公園」という名が多い気がします。)

「列ができているお店は間違いない!」
が台湾夜市の鉄則。
・・・というわけで
まずは長蛇の列ができている葱餅のお店へ。

台北で食べる葱餅と違って
ここはネギとひき肉の餡を包んで揚げてました。

地域によって葱餅はだいぶ違ってきます。
台北は手のひら大のサイズを押し焼きするタイプ。
台南は鉄板に薄く広げて焼くタイプ。
宜蘭は葱餡を包んで揚げるタイプ。

もはやなぜこれを「餅」って呼んでいるのか
わからなくなってくるほど
葱餅ワールドは幅広です。

とにかく羅東夜市の葱餅はかなり熱々!
どう食べていいかわからないくらい(笑)




そして串焼きのお店で
ネギ肉巻きを。
これもおいしい!
家でマネして作れるかな?
三星じゃない日本のネギで・・・。

ちなみに長女はなぜかピーマンが好きで
ピーマンの素焼きを美味しそうに食べていました。




そしてパンケーキのお店。
すっごいマッチョなお兄さんが
慣れた手つきでパンケーキを焼いてくれます。
パンケーキよりも筋肉に釘付け。

焼いたパンケーキを手のひらに持って
さささっとバターを塗るプロフェッショナルさ。

やさしい甘みで
これは子供達がぺろりと食べてしまい、
もう1度買うか悩んだくらい。
私も食べたかったし・・・



揚げタイプの葱餅、
パンケーキは台北の夜市で見たことがないので
羅東夜市に来たら
ぜひご賞味ください。




[関連記事]


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ





★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】




#子連れ台湾 #子連れ宜蘭 #宜蘭 #子連れ海外 #羅東 #夜市 #パンケーキ #おいしい #グルメ #台湾 #旅行 #旅 #葱餅 #台湾マニア #台湾好き #taiwan #yilan #luodong #travelwithkids








by swallow-k | 2018-10-28 07:35 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_22274477.jpg

金峰魯肉飯のピリッと胡椒がきいたスープで目覚める




b0320746_22274392.jpg

白い制服は海軍の夏服だそうです。




b0320746_22274272.jpg

信号待ちに麺をすするスゴ技。





b0320746_22274114.jpg

開店前の自動車修理店。




b0320746_22273931.jpg

やっぱり食べたい員林商店の黒飯團








最終日。
高雄からえっちらおっちら北上したこの旅も
この日が最後。

早朝から食べられるお店は
最終日にとっておくのが
なんとなくのオキテ。

まずは金峰魯肉飯でジューシーな魯肉飯を。
「脂っこい」という人もいるけれど
私はここのしっとりした魯肉飯が
やっぱり好きです。




その後は1回目の衛兵交代を狙って
中正紀念堂へ。
真っ白な制服で爽やかな衛兵さん。

あれ?
制服って白だったかな?と思い、
調べてみると
ここの衛兵さんは陸軍・海軍・空軍の順番で
半年ごとに入れ替わるんだそうです。

海軍だけ2パターンの制服があり、
夏がこの白い制服なんだそうです。

なるほど。
次からは制服に注目しなくては・・・。



そして員林商店の黒飯團を食べに東門エリアへ。
めちゃくちゃ体によさそうな黒色。
家では再現不可能な一品。
これ食べて思い残すことないまま
帰国の途へ。




何度も行ってしまう、
そして何度も子供を連れて行ってしまう台湾。
初めて縦断してみて
台北の都会っぷりにも気づき、
台南という魅力的な古都にも引き込まれました。

以前は行ったことのない国に
どんどん足を踏み入れていくことを楽しんでいました。

しかし最近は
子供と行っても無理なく楽しめるということを重視して
台湾・香港が多いです。

そんな1箇所集中の旅行を重ねていくと
別のおもしろさがあるなと。

行けば行くほど、
その国に対する自分の基盤がしっかりしていく。
勝手がわかり心に余裕が生まれる分、
もっとディープなところまで興味を広げられる。

安堵と刺激のバランスが気持ちのいい部分でキープでき
このスタイルも悪くないんです。





b0320746_22273888.jpg

パイナップルケーキで「台」の字をつくってみた。



「おみやげを選ぶ時間・買う費用を
自分のために使うように」と
おみやげ禁止令が主人の会社で出たんです。

すごくいいこと言うなぁ!と
感動したのですが、
結局みんな買ってくるそうです。

というわけで
買わずにはいられない日本人気質を大発揮。








★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














by swallow-k | 2017-08-24 22:45 | Taiwan | Comments(0)

b0320746_06540580.jpg

ジャンクな辛さにそそられる「紅焼牛肉麺」。




b0320746_06540769.jpg

さつまいもとスペアリブのおこわ「粉蒸排骨」




b0320746_06540676.jpg

おばあちゃんの家にあったような楊枝入れ




b0320746_06540360.jpg

メニューがびっしり。








台北の竹下通り「永康街」。

天津葱抓餅を買い、
50嵐で飲み物も買ってきて
永康公園で食すというお決まりコース。

それに今回はプラスして「永康牛肉麺」へ。
15:00頃の中途半端な時間に行ったのにほぼ満席。
(15:30から16:30までお店の小休止が入るようです)

辛すぎるものはあまり得意ではないけれど
お店の看板料理「紅焼牛肉麺」を食すことに。

真っ赤!
ラー油の湖。
恐る恐るスープを飲んで見ると
見た目ほど辛くは無い。
コクがあるとかそういうスープじゃなくて
ジャンクな味。

「今日の昼は絶対に紅焼牛肉麺が食べたい!」と思ったら
目標達成するまでおさまらなくなるような
中毒的な味。

そしてほろほろと崩れるほど柔らかい牛肉。
ジャンクなスープに
手がかかったであろう牛肉がたっぷり入っているところが
紅焼牛肉麺の魅力なんだと思います。



そしてもう1つの人気メニュー「粉蒸排骨」。
こちらも少しピリ辛ではあるのですが
お芋の甘みがあって
優しさのなかに締まりがあるおこわです。



ついでに
永康牛肉麺のレジのおばさんが
おしゃれ上級者で見入ってしまいました。
柄 on 柄が似合うタイプ。




b0320746_06540221.jpg

食後は一旦ホテルに帰り、2キロの足かせマンゴーどさっと寝床へ。夜市へ向かいます。
















★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














by swallow-k | 2017-08-15 07:40 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_21225146.jpg

大のお気に入り豆花。216粉圓大王。




b0320746_21224868.jpg

発酵仕立て? 見るからに柔らかそうな無数の饅頭。




b0320746_21225082.jpg

大同電気釜のある風景。




b0320746_21224679.jpg

歩いていたら卓球クラブに勧誘された。




b0320746_21224734.jpg

地下鉄の駅にある無人図書館。これは真似たいシステム。








台北101から東區エリアまで
灼熱のなか歩く。

目指すは柔らかい豆花がたまらない「216粉圓大王」。
ふわふわの豆花と
贔屓しているトッピングのコンニャクとの再会。
変わらずにおいしいことを確認してひと安心。

そこからふらふらと信義安和駅まで歩く。
途中卓球クラブに勧誘されたりしながら
やはり暑い中歩く。



台北の地下鉄の駅に
無人の図書館が設置されているのを
ちょいちょい目にします。

ジュークボックス式に借りたい本が出て来るというツワモノ。
どうやら「知恵図書館」というらしいです。

これはいいなぁといつも思います。
働いている人なんかには特に便利なはず。

図書館に行く時間がないから
本は買うしか無いっていう方もいるだろうし、
図書館が家から離れたところにあるために
返却がひと苦労っていう方もいるはず。

電車に乗る時
「しまった!今日読む本を忘れてきた・・・」なんて時も
「駅の無人図書館で何か借りればいいか」となる。

日本でも試しに
どこかの駅でこの図書館を設置してみてもらいたいです。













★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














by swallow-k | 2017-08-11 22:06 | Taiwan | Comments(0)