おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:子連れ台湾 ( 60 ) タグの人気記事

b0320746_05351736.jpg

台北の歩道にあるミニ台所が好きです。




b0320746_05350131.jpg

松山空港の遊び場。機内で寝かせるため昼寝ひっぱりまくり。




b0320746_05360943.jpg

さよなら台湾。また来るよ。









本屋に行くと
海外旅行のガイドブックコーナーを占拠しているのが
ハワイと台湾。
ほんと台湾の人気は止まらない域。

私も行く予定がないくせに
台湾と香港の本は買ってしまうので
我が家にも旅の出発を待っている台湾本が
どっさりあります。

そんな中で今回連れて行った本はこちら。




■「わたしのすきな台北案内」柳沢 小実さん↓

・1つずつシンプルだけど丁寧に案内していて読みやすい
・グルメ中心で本当においしいものが紹介されている
・土地勘がついたリピーターはこの1冊でかなりまわれる
・初台湾の方はララチッタなどと併用すればさらに濃い台北歩きができる




■「ララチッタ台北」JTBパブリッシング↓
・鉄道利用時の基本などを確認するためのお守り的存在
・地図、路線図があり比較的軽量で持ち歩きやすい




■「宜蘭+台北 ちょこっと海・温泉・ローカル近郊を楽しむ旅」
・宜蘭についてちゃんと書いてある本はこれしか見つけられず
これがなかったら宜蘭エリアをまわれませんでした・・・
この表紙を見るだけで宜蘭の旅はフラッシュバックするくらい読んだ





本は実際すごく重いので
必要なものだけを持っていきます。
私は3冊くらいがちょうどよいかな?

機内へはララチッタだけ。

帰国の機内で
実際行ったところを
ガイドブックでなぞる作業も地味に楽しい・・・
旅情がぐっと焼きつく感じになります。

と言いつつも、
今は1歳のチビを機内で四六時中抱っこなので
そんなことはできず。

全力を自分に注げる旅行が復活する日も
大きくなった子供たちと旅行できる日も
楽しみにしてます。

とにかく
動きたガールのチビは
帰りの便で全寝してくれたので
それだけで幸いです・・・

トイレも機内食もがまんですが、
それでも台湾に行けたことが嬉しい。




 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉓ 〜唯一無二の味!サメ団子の「佳興魚丸店」〜
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉔ 〜大稻埕公園と街の人々〜



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #おすすめ #子連れ台湾 #本 #ガイドブック #赤ちゃん連れ #子連れ海外 #台北


[PR]
by swallow-k | 2018-12-01 07:30 | Taiwan | Comments(0)

b0320746_05440457.jpg

朝9:00前、公園を掃除するおじさんが。




b0320746_05443640.jpg

咥えタバコで落ち葉を集めている




b0320746_05441413.jpg

街の大人のやさしさあっての子供の喜び








佳興魚丸店が開店するまで、
お店の斜向かいにある大稻埕公園で遊んでいました。

すると箒をもったおじさんが2人いることに
気づきました。

自主的なのか
当番制なのかわかりませんが
周辺に住んでいる(だろう)人が
公園の掃除をしている朝の風景。

我が家の周りでは
市の方が業務で手入れをしているので
この街の人々が直接的に公園を大事にしている感じが
たまらなくよかった。

台湾のさりげない日常に
少しだけ入り込ませて
遊ばせてもらっている異国の我が子。

ありがとうございます。

なんだか公園百景みたいな
話ばかりですが、
台湾の公園にはやっぱり魅かれます。

温暖であったり、
豊富な緑であったり、
足にやさしいゴムマットが敷いてあったりと
物理的な理由もありますが、
やっぱり公園に対する大人の姿勢ですね。

メインで遊ぶ子供たちは公園を変えられない。
やっぱり大人の力は不可欠。

ちなみに
先日読んだブルータスの公園特集、
永久保存したい内容でした↓
ただ、
特集で組まれていた銀座ソニーパークは実際行ってみたけど
ちょっと期待はずれかな?
でもビルが無くなったぶん、
エルメスの建物の素晴らしさが際立ってます。

ニューヨークの「ドミノパーク」は
子供たちと行ってみたい↓
メインランド、久しく行ってないなぁ。
次女が年少くらいになったら行けるかな?




 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉓ 〜唯一無二の味!サメ団子の「佳興魚丸店」〜



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #おすすめ #子連れ台湾 #公園 #大稻埕公園 #赤ちゃん連れ #子連れ海外 #台北

[PR]
by swallow-k | 2018-11-29 12:10 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_05501719.jpg

ふわふわサメ団子。何度食べてもおいしい、ここだけの味。




b0320746_05504114.jpg

汁なし麺にさっとタレをかけた乾麺。ペヤング方式ってことです。




b0320746_05512890.jpg

茹でたレタスにタレだけ。帰国後、ネギ油と醤油でまねてみたら結構おいしかった。



b0320746_05500624.jpg

開店直後の店。お椀の並び、ステンレスの輝きがすばらしい。



b0320746_05521341.jpg

今回もたらふくいただきました。








ホテルから迪化街は歩いてすぐ。
つまり朝食に困ることはなし!

朝イチで家族みんな大好きな
佳興魚丸店」へ。

このブログでも幾度も紹介した
佳興魚丸店のサメ団子、
ほんとに絶品です。

白い部分がサメのすり身なんですが、
ふわっふわ。
はんぺんとかともまた違う、
ここでしか食べられない食感。

メリハリをつけるかのように
中には味付けした豚肉の団子が。

乾麺はソフト麺のような
柔らかな麺に
葱油が香る甘辛ソースを
絡ませて食べます。
まさにペヤング方式!

薬味がセロリなんですが、
このセロリがとっても合う!
セロリがあるかないかで
味全体がだいぶ変わると思います。

食べ終わった後、
長女に
「あの白いのはサメのお肉なんだよー」
と言ったら
「えっ!サメは食べたくなかったなぁ」
だって。

根っからの食わず嫌いなので、
食べものの正体は事後報告。

味だけではなく、
ここの店の人たちの働きぶりが
いつも印象的です。

厨房が丸見えのつくりなのですが、
眩しいくらいにピッカピカ!
ずっと使っているだろう食器も
きれい洗って整頓されている。

おいしい店は
調理場も見事です。


2015年↓
2016年↓








 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉑ 〜永康街の永康公園に少し変化が〜
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉒ 〜大安森林公園にゴージャスな砂場が〜


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #おいしい #子連れ台湾 #朝食 #迪化街 #サメ団子 #赤ちゃん連れ #子連れ海外 #台北 #佳興魚丸店


[PR]
by swallow-k | 2018-11-24 07:01 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06004679.jpg

立派な砂場が!まさに都会のビーチ



b0320746_05595093.jpg

こちらはなんと虫除けが出るマシーン。すごいぞ大安森林公園!




b0320746_06021337.jpg

健康器具ゾーンも一新




b0320746_06033786.jpg

三越にできた3階から地下までワープできるすべり台




b0320746_06040868.jpg

「かあさん、ここよく見えるよ!」となぜか台北101に歓喜する長女









1年半ぶりの大安森林公園。
たったそれだけの年月で
ここもアップデートされておりました。

まずびっくりなのは
据え置きの虫除けが出るマシーン。
足で地面にあるボタンを押すと
ハーバルな虫除けが登場。

これはいい!

いつも大荷物で公園に行く身には
虫除けスプレーが1個減るだけでも
ありがたい。

どうやって虫除けを補充するのかは謎ですが、
長女と感動しながら
ベタベタ塗らせていただきました。

そして砂場が一新。
暑い台湾の夏にはかかせない
パラソルが導入され、
白砂エリアも拡大。

土地勘がついて
どんどん町歩きが楽しくなってきている台北ですが、
毎度少し変化を見られるから飽きない。

その変化も奇抜じゃないから
心が付いて行ける。
おいしいもの、
いいものはちゃんとそのまま残っている。

前回訪れた日からの何百日のあいだ、
ここの店主は
毎日同じ時間に起きて
仕入れて仕込んで、
変わらずに営んでいたんだなぁと
その長い時間を尊みながら、
勝手に感動の旅をしてます。

こちらからの一方的な再会旅行、
これがいいんです。



 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]

★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #台湾公園 #子連れ台湾 #大安 #大安森林公園 #遊び場 #赤ちゃん連れ #子連れ海外 #台北 #三越


[PR]
by swallow-k | 2018-11-23 07:04 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06110509.jpg

不屈のおいしいさ、天津葱抓餅。




b0320746_06103844.jpg

永康公園に健康器具が登場。



b0320746_06071050.jpg

こんなマガジンラックのようなものも登場。




b0320746_06222119.jpg

小さい三角公園だけど、すべり台もある。







永康街で天津葱抓餅を購入。
やっぱりここの葱餅は最高です。

葱餅を買って食べるのは
永康街の奥にある三角公園。
小さいけれどちょうどよい休息場。

小雨や暑さがしのげるように
木陰にベンチがあり、
子供が遊べる遊具がちょこっとある公園。

台湾の食べ歩きスナック「小吃」を買って
ここに持ってきて頬張る・・・
絶好の動線ですね。
公園の近くには
ジューススタンドの「50嵐」も「Coco都可」もあるし。

で、食べた後のゴミが散乱しているかというと
そうではない。
年季が入っていてもきれいな公園です。

なんとこの公園、
台湾で初めて地元の人々が資金を出しあって作られたという
心温まるバックグランドも含む場所。

どおりで居心地がいいはず!

前回はなかったマガジンラック?と
健康器具が増えてました。

台湾の公園は常にアップデートされてます。

ごっそり改修というわけでもなく、
訪れるたび
ちょっとずつ何かが変わっている。

それだけ公園へ気がまわっているんでしょうね。

台湾の公園愛にはいつも感心させられます。

毎日何年も変わらない公園へ通う
今の自分には羨ましい状況。
日本の公園にゴミ箱ぐらいあればなぁ・・・。


 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #台湾公園 #子連れ台湾 #おいしい #永康街 #天津葱抓餅 #グルメ #子連れ海外 #台北 #永楽公園


[PR]
by swallow-k | 2018-11-22 07:07 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_05492996.jpg

お刺身のような肉にスープをさっとかけて・・・・




b0320746_05500136.jpg

ほんのり赤みが残るくらいで食べる。



b0320746_05484309.jpg

麺なしのスープタイプも美味。




b0320746_05503980.jpg

駅近の東門市場。永康街に近いところも嬉しい。







台南で食べたような牛肉湯が食べたいと思って
調べていたら、ありました!
東門市場の「御牛殿」。
なんと精肉屋さんです。

店頭で肉を売っているのですが、
中へ進むとそこは食堂。

「刺身牛肉麺」というのがイチオシらしく、
麺とフレッシュなビーフがのったどんぶりを
テーブルに運んでくると、
そこに熱々のスープをかけてくれます。

みるみると肉に熱が通り、
ほんのり赤みが残る程度で
食べるのですが
お肉がやわらか。

お肉は5種類(ロース、ヒレなど)から、
スープは2種類(塩と醤油)から選べます。

塩味のスープは
かなりあっさり。
付け合わせのローズソルトや豆板醤をつけて
味の変化を楽しむにはぴったり。

牛肉湯(スープと肉だけ)は
醤油味にしてみたのですが、
こちらは醤油といえども
やさしい野菜だしのベースに
台湾らしい八角などのスパイスが効いていて
濃厚だけどゴクゴク飲みたくなるような味でした。

麺はソフト麺のような
柔らかい麺。

子供たちも
肉と麺を堪能していました。

 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #御牛殿 #子連れ台湾 #おいしい #刺身牛肉麺 #牛肉麺 #グルメ #子連れ海外 #台北



[PR]
by swallow-k | 2018-11-21 07:03 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06130919.jpg

手羽中とハマグリのスープがよかった!次回からは必食



b0320746_06130976.jpg

朝からガツガツ魯肉飯。やっぱりここのが1番好き。




b0320746_06130895.jpg

よく食べるのはいいけど、がっつきすぎ。




b0320746_06130816.jpg

食べたら動きたい人。



b0320746_06130769.jpg

中正紀念堂のエサ自販機が新しくなっていた。前の方が好きだったなぁ。








台北にきたら
我が家の必食のグルメ
朝ごはんにはぴったりの場所。

魯肉飯と青菜(空芯菜)は必ずオーダーするのだけど
今回「蛤蜊鶏」という
手羽中とハマグリのスープを頼んでみました。

これが大当たり!
手羽中がしっとり柔らかくて
1歳の娘も止まらない。

スープはあっさりとして
生姜が入っているのですが
それほどピリピリしておらず。
魯肉飯とセットで食べるには
相性がいいです。

このスープは今後も毎度頼むと思います。

食後は中正紀念堂へ。

金峰魯肉飯→中正紀念堂の
お決まりコースが大好きです。




 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #金峰魯肉飯 #子連れ台湾 #おいしい #魯肉飯 #中正紀念堂 #グルメ #子連れ海外


[PR]
by swallow-k | 2018-11-18 07:05 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_05573035.jpg

豆花荘の豆花。長女の好きな白玉とタピオカ、私の好きな花生をトッピング。




b0320746_05573074.jpg

もち米に漬物、肉でんぷ、卵、揚げパンをのっけて・・・



b0320746_05572975.jpg

ぐるっと巻く「飯團」。これは本当においしい!




b0320746_05573142.jpg

前の旅行で無料と知り、ここを通るときには乗らずにはいられない。







台北のホテルは
シティースイーツホテル台北南西という
寧夏路夜市に近いホテルにしました。

夜市がホテルから近いと、
食べ物をいろいろ買って部屋で食べられたり、
夕食後の半端な時間に遊んで帰れたり、
なにかと便利です。

まずは豆花荘で黄金シロップの豆花を食べ、
近くのお店で台湾風おにぎり・飯團を買うことに。

お店のおばさんに中国語で何か聞かれたけど
わからずにいたら、
先に飯團をオーダーしていた男性が
「辛くするか聞いてます」と
綺麗な日本語で教えてくれました。

40歳前後のサラリーマンっぽい方でしたが
なんでもないように日本語が話せる・・・
台湾でこういうシーンによく遭遇するけれど
その度すごいなぁと感心してます。

そういえば宜蘭では
日本人に1人も会いませんでした。
そして日本語はぜんぜん通じず、
英語もほとんど通じず。
久々に海外旅行のドキドキ感があり
なんだか初心に戻った気分を味わえました。

台北に戻るとかなり言葉が通じるうえ、
宜蘭よりも物価が高いことに気づきます。
バスで1時間くらい離れただけで
だいぶ違うんですね。

台北は都会だなぁ。

 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #寧夏路夜市 #子連れ台湾 #おいしい #豆花 #飯團 #グルメ #子連れ海外


[PR]
by swallow-k | 2018-11-16 07:03 | Taiwan | Comments(0)

b0320746_06033138.jpg

つやつやマンゴー!台湾のマンゴーかき氷界でマイベストを更新




b0320746_06033243.jpg

あずき氷にも惹かれる。芋団子とかモリッとのっけたやつ。




b0320746_06033133.jpg

長女のスプーンが止まらない。おかわり要求されたけど食べすぎ。




b0320746_06033261.jpg

この近くで見かけた入れ歯の看板。何のお店か気になる・・・








行きたいと思いつつ、
いつも行けるチャンスを掴めなかった「冰讃」。

マンゴーかき氷を調べると
必ず出て来る名店です。

冰讃は4月から10月までしか営業していない、
なんと夏季限定のお店。
これはマンゴーが旬の時期にしか営業しないという
強い意志によるもの。

このこだわり方、
まぼろし具合、
期待が膨らみますね。

時は10月、
なんとかギリギリのところで
冰讃へ行けるチャンス到来!

迷わず1番人気の「芒果雪花冰」を
オーダー。

完熟マンゴーの瑞々しさ、
甘み、
柔らかさ・・・
食べごろすぎてびっくり!

マンゴーは台湾産を使用しているのですが、
時期に合わせて入荷先を変えているとのこと。
常にベストなマンゴーを使っており、
現場ではオーダーが入ってから切るという
フレッシュさ。

氷は牛乳を凍らせたものを削ったもので
柔らかくて淡雪のよう。

そしてここのお店のポイントは
練乳を惜しみなくかけているところ。

調理の過程を見ていると
かけすぎ?!と思うくらいだけど
ひとくち食べると
これくらいがちょうどいいことを知ります。

長女はもう目を輝かせながら食べ、
「おかわりしたい」と。

いや、
かき氷のおかわりは
お腹が痛くなるでしょう・・・。

ということで
また明日来ることを約束して
甘美なマンゴーの余韻に浸りながら
夜市へ向かいました。


 旅行・お出かけ部門に応募します



[関連記事]






★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#マンゴーかき氷 #台湾 #台北 #おいしい #子連れ台湾 #冰讃 #子連れ海外 #スイーツ #グルメ #夏限定

[PR]
by swallow-k | 2018-11-14 06:32 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_05094500.jpg

ピンクの象のすべりだい




b0320746_05094695.jpg

幸福バスターミナルはジミーづくし




b0320746_05094438.jpg

伝言板がまだある駅。シティハンターを思い出す(XYZ)。




b0320746_05094434.jpg

楽しかった3泊の宜蘭。台北へ向かいます。








ガイドブックに小さく載っていた
ピンクの象のすべり台。
絵本作家ジミーさんの本に出てくる
キャラクターらしいのですが
見てみたいと思い、
幸福轉運站(幸福バスターミナル)へ
行ってみました。

宜蘭駅から徒歩7分くらいで着いたのですが、
ここに来るまでの道のりにも
ジミーさんの世界
たくさん広がっています。

ジミーといえば
ジミーチュウか
ジミー大西くらいしか浮かばないけれど
台湾でジミーと言えばもうこの人なんでしょうね。
観光バスがたくさん止まっていました。

幸福轉運站のピンクの象さん、
行った時は残念ながら閉鎖中。

キリンの塔のようなものもあったけど
こちらも閉鎖中。

がーん・・・

そのほか、
子供が遊べるような有料の屋内施設もあったり、
ギフトショップなどもありました。

ジミーさんの絵本は読んだことがないから
キャラクターことなどあまりわからないのですが、
ローカルな駅の周辺を
1人の作家が描く絵本の世界で
色鮮やかに賑わせる発想とその実現には感心します。

しかも屋外にあって町の一部にしている。
いつでもだれでも気軽に見れるというのがいいですね。
これがチケット制で・・・とかになると
魅力がないんですよね。

日本で同じようなことをするのなら
誰がいいかな?

やっぱり
なかがわえりこさん&やまわきゆりこさんの
黄金コンビかな?

「ぐりとぐら」「そらいろのたね」などの世界が
遊具になったり
ベンチになったりしたら
本当にステキだろうなぁ・・・。




第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
 旅行・お出かけ部門に応募します



[関連記事]



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ





★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】



#台湾 #子連れ台湾 #子連れ海外 #子連れ宜蘭 #ジミー #幾米 #宜蘭駅 #ジミーワールド #絵本の世界 #ジミーリャオ

[PR]
by swallow-k | 2018-11-12 06:13 | Taiwan | Comments(0)