人気ブログランキング |

おいしい朝食を食べ、ひたすら街を歩き、ときどきカジノで夢を見る。世界遺産にはあまり興味はないけど、世界遺産の前を毎日通って生活する人々の暮らしには興味津々。たくさん本を読み、いい映画を見て、あとはそれらをぶら下げて旅行にいく。自分と向き合う大事な時間です。


by swallow-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:迪化街 ( 9 ) タグの人気記事

b0320746_06175182.jpg

永楽市場の外装がきれいになっていた。




b0320746_06170733.jpg

いつもと変わらぬ霞海城隍廟




b0320746_06163183.jpg

食券を買って食べるおこわのお店ができていた。




b0320746_06184031.jpg

家でじっくり見たい迪化街の地図




b0320746_06204543.jpg

歩道にある台所もやっぱり見てて楽しい




最終日の朝は
定番の迪化街へ。

早朝からやっているお店が多いので
最終日の街歩きにはぴったりのエリアです。

街のシンボル・永楽市場の外装が
きれいになっていてびっくり!
内側に変化はなくなんとなく安心。

ちょうど林合発油飯店が営業していて
できたてのおこわを変えました。
やっぱりおいしいここのおこわ。
ずっしりしたもち米は
朝からパワーをチャージできます。

おなじみの佳興魚丸店にも行って
鮫団子も頬張り、
迪化街ですべきルーティンは達成。

4ヶ月ぶりの台湾だったけど、
次女の食べられるものが増えたなぁと実感。
おこわも乾麺もよく食べてました。

離乳食がスーツケースから消え、
いつかオムツも不要になり、
こうやって成長に合わせて
旅行も変わっていくのでしょうね。


更新を通知する


【この記事のバックナンバー】
子連れ台湾・九份の旅① 〜3世代旅行でランタンあげるぞツアー〜
子連れ台湾・九份の旅② 〜コートヤード台北・マリオット〜
子連れ台湾・九份の旅③ 〜区間車で十份へ向かう〜
・子連れ台湾・九份の旅④ 〜すごくレトロな平渓線〜
子連れ台湾・九份の旅⑤ 〜いよいよランタン上げるぞ!〜
子連れ台湾・九份の旅⑥ 〜十份はこんな町〜
子連れ台湾・九份の旅⑦ 〜九份・ノスタルジックな阿妹茶酒館〜
子連れ台湾・九份の旅⑧ 〜九份ってこんな街〜
子連れ台湾・九份の旅⑨  〜安定の「丸林魯肉飯」へ〜
子連れ台湾・九份の旅⑩ 〜「阜杭豆漿」のおいしさに唸る朝〜
子連れ台湾・九份の旅 ⑪ 〜淡水にも行ってみた〜
子連れ台湾・九份の旅 ⑫ 〜百葉温州餛飩〜
子連れ台湾・九份の旅 ⑬ 〜淡水の老街を食べ歩き〜


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ





★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】




 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】












by swallow-k | 2019-06-12 07:01 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_05501719.jpg

ふわふわサメ団子。何度食べてもおいしい、ここだけの味。




b0320746_05504114.jpg

汁なし麺にさっとタレをかけた乾麺。ペヤング方式ってことです。




b0320746_05512890.jpg

茹でたレタスにタレだけ。帰国後、ネギ油と醤油でまねてみたら結構おいしかった。



b0320746_05500624.jpg

開店直後の店。お椀の並び、ステンレスの輝きがすばらしい。



b0320746_05521341.jpg

今回もたらふくいただきました。








ホテルから迪化街は歩いてすぐ。
つまり朝食に困ることはなし!

朝イチで家族みんな大好きな
佳興魚丸店」へ。

このブログでも幾度も紹介した
佳興魚丸店のサメ団子、
ほんとに絶品です。

白い部分がサメのすり身なんですが、
ふわっふわ。
はんぺんとかともまた違う、
ここでしか食べられない食感。

メリハリをつけるかのように
中には味付けした豚肉の団子が。

乾麺はソフト麺のような
柔らかな麺に
葱油が香る甘辛ソースを
絡ませて食べます。
まさにペヤング方式!

薬味がセロリなんですが、
このセロリがとっても合う!
セロリがあるかないかで
味全体がだいぶ変わると思います。

食べ終わった後、
長女に
「あの白いのはサメのお肉なんだよー」
と言ったら
「えっ!サメは食べたくなかったなぁ」
だって。

根っからの食わず嫌いなので、
食べものの正体は事後報告。

味だけではなく、
ここの店の人たちの働きぶりが
いつも印象的です。

厨房が丸見えのつくりなのですが、
眩しいくらいにピッカピカ!
ずっと使っているだろう食器も
きれい洗って整頓されている。

おいしい店は
調理場も見事です。


2015年↓
2016年↓








 旅行・お出かけ部門に応募します


[関連記事]
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉑ 〜永康街の永康公園に少し変化が〜
子連れ台湾・宜蘭の旅 ㉒ 〜大安森林公園にゴージャスな砂場が〜


★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ



★「LINEトラベルjp」で台湾について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
 【高雄ホテル】

 【宜蘭・スポット】


#台湾 #おいしい #子連れ台湾 #朝食 #迪化街 #サメ団子 #赤ちゃん連れ #子連れ海外 #台北 #佳興魚丸店


by swallow-k | 2018-11-24 07:01 | Taiwan | Comments(0)

迪化街のブーゲンビリア

b0320746_06110640.jpg

唯一見つけられた、宜蘭について詳しく書いてくれている本




b0320746_06110300.jpg

むむ!このブーゲンビリアは・・・・




b0320746_06110856.jpg

私も写真を撮ったことがある!








遅めの夏休みの計画中。
わんぱく小僧(女だけど)連れで行くのは大変とわかりつつも
台北から足を伸ばして
宜蘭(イーラン)へ行ってみたいと考え中。

でも宜蘭、
台湾全土のガイドブックに全く載っていない・・・

本屋で唯一見つけたのが
台湾マニア委員会(?!)さんが書いた本。
これを元になんとかプランニングできそうです。

ネットではいろいろ情報があるのですが、
やっぱり私には紙の方が読みやすいです。

で、そのマニアさんの本を読んでいたら
見たことある景色が。

迪化街のブーゲンビリア。

特に有名なお店があるような所でもなく、
普通に通りすぎるような場所なのだけど
這わせているのか
勝手に伸びちゃっているのか
オーナーの意図がわからないブーゲンビリアが気になって
私も写真を撮っていました。

ここが気になる方が
他にもいたことになんだかじわっと嬉しく感じる。

写真のクレーンのおじさんも
ブーゲンビリアの剪定をしているのか
看板を直しいるのかわからないところも
気になる画。

この正のグレーゾーンが
台湾の美でもあると思ってます。



★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ




★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














by swallow-k | 2018-07-07 06:36 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_21144680.jpg

カジキの出汁スープのビーフンを朝食に。



b0320746_21144542.jpg

あの被り物はいつどこで使うのだろうか・・・。




b0320746_21144432.jpg

赤が眩しかったのでパチリ。




b0320746_21144228.jpg

傘を持たせて肩車をする技をあみだした。



b0320746_21144188.jpg

まとまりのない色からみえる生活感がなんだかいい。




b0320746_21144017.jpg

早い段階でドライマンゴー2キロ買っちゃって、それを背負ったまま半日歩くという苦行。







毎回行く台湾の台所「迪化街」。

まずは「民楽旗魚米粉湯」で朝食。
ここの名物はカジキの出汁に浸ったビーフン。
朝から体に入り込みやすい柔らかい味です。

旅行も後半戦になり白飯が恋しい娘。
主人が「ライス」とお店の方に頼みにいったら
ぜんぜん通じない。

撃沈して戻ってきた主人を見ていた
同じテーブルの(たぶん)香港のツーリスト。
英語で私たちに「何を頼みたいのか」と声をかけてくれて
そしてお店の人に中国語でオーダーしてくれました。
ついでにその白飯のお金まで払おうとしていて
びっくり!

みんなの愛がこもった一杯の白飯。
「残さず食べるんだよ」と
娘に圧をかけたくなる(かけたかも?)ごはんでした。



香港は広東語、
台湾の北京語で違う言葉を使っているけれど
香港の知人が言うには
台湾の人の話はだいたいわかるとのこと。
日本でいう方言の違いのようなものだそうです。

でも実際ガイドブックの巻末についている
会話文なんか見ていると
私にはぜんぜん違う風に感じます。

会話に困らないので
台湾は香港の人たちにも人気の旅行先なんだそうです。



話がそれましたが、迪化街。
毎回来るたびちょいちょい変わってます。
MIT(Made In Taiwan)な雑貨屋さんが
増えている気がします。

気になるお店がたくさんあるけど、
我が家が必ず行くのは
・民楽旗魚米粉湯
・ドライフルーツ屋さん
です。








★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】



 【台南ホテル】

 【台南グルメ】
 
【高雄ホテル】














by swallow-k | 2017-08-09 22:24 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06530265.jpg
雑貨屋「印花楽」。ランチョンマットのラインナップが増えていた。



b0320746_06515274.jpg
これもフルーツだから、幼稚園のお弁当のデザートにしたらだめかな?



b0320746_06523785.jpg
ジュエルっぽい歩道



b0320746_06531868.jpg
買いたいけどスーツケース入らないよね



b0320746_06520882.jpg
何か冷やしております



b0320746_06533580.jpg
埠頭でレンタサイクルがあったけれど、ここだけ異様な照り返しで温室に入った気分



b0320746_06542571.jpg
「『じてんしゃほしーです』っと。で、あそこにポッキーさすのね」









しばらーく迪化街を堪能。

乾物と漢方の匂いがだめで
娘は鼻に指を突っ込んで歩いてましたが、
このエリアは何も買わなくても見ているだけで
楽しいですね。

旅行に行っても
現地で食べるもの以外、
それほど買い物はしません。

迪化街で買ったものも
朝食のおこわ・ドライフルーツ・絵はがき。

台湾の雑貨もすごくかわいらしいのですが、
台湾の景色の中にあるから
似合うんだろうなと思って
手を止めてしまいます。

珍しく「欲しい!」というボルテージが上がるモノを見つけちゃうと
レジに行くまでがすごーく長いです。
どう使おう?
どこに仕舞おう?
飽きないかな?

そういう時は一旦店を出て
それでも欲しい気持ちが続いたら
戻って買う。

じっくり迷うほど
その買ったモノに愛着が湧くと思ってます。

でも印花らのお弁当包みは
買えばよかったかなぁ・・・
と今でも思ってます。

・・・台湾に戻って買わねば。











★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











by swallow-k | 2016-06-08 13:13 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_06191650.jpg
前回はるばる来て、休みだった林合發油飯店


b0320746_06213258.jpg
これまたピンク地×赤文字のお決まりな袋にいれてもらいました。


b0320746_06194349.jpg
椎茸の下にずっしりなおこわが


b0320746_06195071.jpg
市場内のこのスペースはナイスです。


b0320746_06201381.jpg
市場内を見学


b0320746_06201738.jpg
おばさんの魔法の手。鉄板に直接すりこんでます



b0320746_06205648.jpg
「私にも骨ってあるの?」「あるよ、チキンにもあったでしょ」








前回
午前中に売り切れるという
林合發油飯店の油飯(おこわ)を食べに
早朝から永楽市場まできました。

はりきって到着したにもかかわらず、
市場自体やっていない様子。
ガイドブックでよく見る「不定休」に見ごと的中し、
不運にも食べられなかったここの油飯。

まだそのときは松山線が開通しておらず、
小雨のなか雙連駅から20分くらいかけて
この迪化街まで来たのでショックは大きかったです。
2014年秋にできた北門駅、
これは迪化街をぐーんと身近にしてくれましたね。



さてこちらの油飯。
台湾では男の子が生まて1か月後、
このおこわを配るという習慣があるようです。
女の子の場合はケーキだそう。

字のごとく、
日本の炊き込みごはんより
ちょっと油が多め。

写真は
おこわ・鳥もも・煮卵のセットで
200元(約700円)。

あれ、台湾にしてはちょっと高い?
思う方もいらっしゃるでしょうが
おこわが1斤(600g)も
入ってます。

これはかなりの量。
大人2人でもキツいです。
しかも餅米なのでずっしりときます。

ちなみに「斤」という単位、
台湾でよく登場するので
「1斤=600g」は
覚えておくと便利です。








★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











by swallow-k | 2016-06-03 05:05 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_16031164.jpg
青い扉の横に「修改衣服」の看板が。お直し屋さんでしょうか。


b0320746_16033985.jpg
迪化街を再現したレゴ。


b0320746_16063152.jpg
いつもお世話になっている牛乳。






台北は本当にベビーカーで歩きやすいです。
エレベーターのある場所の案内のわかりやすさ、道の広さ、坂の少なさ・・・。
香港より遥かに歩きやすいです。
1日10kmくらいサラッと歩けちゃいます。
歩くと土地勘や距離感がどんどん身に付いてきて、もっとその街に面白みが帯びて来る。
そしてお腹が空くから、おいしい物を一層おいしく食べられる。

いろんなものを決まりのない時間に食べる海外旅行では、子供の栄養のバランスがとれているか不安。
とりあえず旅行先のコンビニで牛乳や豆乳を買って飲ませては何となく安心してます。
たまに海外でも紀文の豆乳が置いてあったりするのでびっくり!
豆乳、ハズレるとまずいんですよね〜(^^;)





★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











by swallow-k | 2015-04-28 17:01 | Taiwan | Comments(0)

b0320746_17015476.jpg
シンプルな味だけど美味しいスープ。


b0320746_17024224.jpg
ふわふわの鮫団子の中から豚肉団子がひょっこり。


b0320746_17035319.jpg
タレ、セロリ、麺といった最強のミニマリズム。


b0320746_17220792.jpg
気持ちのいいオープンエアのキッチン。


b0320746_17041051.jpg
食べてる横でせっせと団子が作られて行きます。


b0320746_17042928.jpg
おばちゃんにみかんを頂きました。




小雨が降ってきて肌寒い迪化街歩き。
下町のような小道を通り、辿り着いたのは「佳興魚丸店」。
鮫のすり身でできた団子スープが有名なのです。
ぜんぜんクセもなく、初めて食べるような食感の鮫団子。
おいしくてびっくりでした。

店内では、おばちゃんたちが慣れた手つきでどんどんサメ団子をこしらえていました。
時々みかんを食べて休憩しながら。
ずっと団子造りを見せてもらっていたら、みかんまで頂きました。









★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











by swallow-k | 2015-04-27 07:24 | Taiwan | Comments(0)
b0320746_07013497.jpg
グリーンの引き戸が印象的な「Bookstore 1920s」。


b0320746_07023028.jpg
アメリカンなポスト。


b0320746_07031825.jpg
昔の国体のマークにありそうな住所プレート。



b0320746_07043543.jpg
リノベーションカフェカフェもちらほら。


b0320746_07034841.jpg
重宝するドライ梅干し。




迪化街は乾物屋のイメージが強く、そして実際に行くとやっぱり乾物屋が圧倒的に多いです。
そんな中、リノベーションブームまっさかりの台北ならではの素敵な雑貨屋もあります。

可愛らしいテキスタイルの製品が売っている「印花楽」、その印花楽と併設されている「Bookstore 1920s」。
この2つは永楽市場から近く、特に入りやすいお店です。
海外の本は写真を見るだけで面白いものも結構ありますね。

乾物は街歩きをしながら食べるためのドライ梅干しを購入。
日本で売っているスッパイマンとほぼ同じ味です。
娘も梅干しが大好きなので(塩分がちょっと高いですが)時々食べさせながら街歩き。
この梅干し、結構便利なんですよ。
食べるとよだれがダラダラ出てくるので、機内で耳抜きするために舐めさせたりもできます。
飴玉よりはヘルシーかな?
今回は帰国便がすごく揺れて私も酔ってしまったので、ずっとこの梅干しで凌いでました。






★「たびねす」で台北について紹介させていただいております。
 
 【台北ホテル】 

 【台北グルメ】

 【台北ショッピング】





★旅するツバメ、ランキングに参加しております。
 楽しんでいただけたらこちら↓をクリックしていただけると嬉しいです♪

     にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ











by swallow-k | 2015-04-24 15:34 | Taiwan | Comments(0)